青色申告

2009年03月23日

mixiチェック
〜〜 専門家に頼めばいいじゃないか 〜〜
「専門家に頼めばいいじゃないか。紹介するよ」と師匠に言われた。
ありがたい話だが、会社(あすまる)の方は専門家に任せようと思っている。
でも、今回申告したのは個人(BeLive)の方の青色申告。
たぶんBeLiveで提出するのは今年限りだろう。
それに仕入れと売上げに関しては、今年初めに既に「わくわく財務会計」に入力済み。
3月まで残っていたのは、領収書の山と医療費控除など
まぁ、そこがズクがなくてやっていなかったのだが、そこだけのために専門家に頼むのも...

それに、今年はやってみたかったことがあった。
それは「電子申告」
何せ、ICカードリーダもそのために買ったんだし。(本当は、他の理由なんだけど)
公的個人認証も用意したことだし。

〜〜 税務署の指導の下に? 〜〜
「電子申告」については、4、5年前にも試そうとした。
10年以上前から持病を持っていて、医療費が毎年10万ほどかかっていた。
前の会社の頃はただのサラリーマンだったので、確定申告などする必要がないと思い、医療費控除を受けていなかった。
しかし、前の会社を退職することを決め、独立に関して勉強し始めて、「節税」について理解しはじめた。
もっと早く気づいていれば累計100万ほど節税できていたのに...
そして、医療費控除からはじめようと、前の会社の近くの税務署に申告書をもらいに行った。
税務署には「電子申告をすると控除が受けれます」と言うポスターが
そこで税務署の方に「電子申告をするにはどうしたらいいの?」と聞くと
「認証やら、カードリーダやら、結構手間とお金かかるよ」と言われてそのときは断念した。
(その頃のカードリーダは高く、そして認証も民間?の管理料の高いものしかなかった)

独立してから2年。
その間は、電子申告ではないが「確定申告作成コーナー」で作成し、「わくわく財務会計」で作成した決算書とともに、市役所に開設されていた申告コーナーで提出していた。
確定申告作成コーナー」は、ヘルプもあり、わかりやすかったので、この2年は無理なく、そして結構早めに申告できていた。

〜〜 使いにくいぞ! e-TAXソフト 〜〜
そして、今年は住基カードも作ったし、公的個人認証も用意していたので電子申告に挑戦。
が、しかし
とにかく e-TAXソフトの事前準備がやたらとめんどくさい。
  1. e-TAX開始届を提出(でもその前にルート証明書をインストール)
  2. 利用者番号の取得
  3. e-TAXソフトのダウンロード
  4. e-TAXソフトのインストール(共通プログラム)
  5. e-TAXソフトのインストール(科目プログラム)←これがよくわからん
  6. e-TAXソフトの初期設定←これもわかりにくい

本来ならここから申告書を作成していくのだが、申告方法の説明が不明快。
断念仕掛けたところに

【ご案内】

 個人の方は、国税庁ホームページの「確定申告書等作成コーナー」を利用すると、e-Tax用の申告等データを作成することができ、e-Taxソフトを利用しなくても、そのデータを直接e-Taxに送信することができます。
 「確定申告書等作成コーナー」からe-Taxへ送信するために必要な開始届出書の提出や電子証明書の登録等は、国税庁ホームページの「確定申告特集」から一連の操作で行っていただけます。

えっ〜!

なんだ!いつもの方法でもe-TAX申告できるんだ。
早く言ってよ。

〜〜 やっぱり便利!「確定申告作成コーナー」 〜〜
ということで、手順の1〜2は必要だけど、あとは「確定申告作成コーナー」から作成。
3月14日に電子申告。
決算書関係も入力するだけだし、医療費控除などは入力するだけだし。楽々そして早い。
途中途中、保存できるし。いいねぇ。
あとは源泉徴収票を郵送して終わった。(14日ね)
(源泉徴収票の電子データが受けれれば、これも電子申告で済む。)
まぁ、源泉があるのは...来年もかぁ
よーし、うち(あすまる)は、これに挑戦するかなぁ
とりあえず、源泉の対象は...私か。
まぁ、税理士(または会計士)さん次第だね。

〜〜 電子で納税証明書 申請 〜〜
P.S.
e-TAXソフトのインストールは、結局無駄ではなかった。
というのは、納税証明書の申請もe-TAXソフトで行えるからだ。
私の住む浦安を管轄する税務署は市川税務署。
しかし、この税務署 簡単には行けない。
電車でも新浦安(または浦安)→西船橋→本八幡
バスもあるが、本数が少ない。
自動車等で行けばいいが、税務署付近は道が狭く入り組んでいる。
それに本八幡近辺はとにかく渋滞する。
あとは自転車だが、市川の道はとにかく悪い。
隣の町なのに、下手すると半日以上はかかる。
(だから東葛飾市には反対!)

これが、ネット越しに申請して、納税証明書ファイルで取れる。
なんて便利なんだろう。
しかも納税証明書ファイルだから、申請時は1通でOK
それに手数料が30円ほど安い?(もっと安くてもいいのでは、郵送と変わらんし)
住基ネットには問題があるかもしれないけど、公的サービスのネット利用は賛成だ。
(それでもって、もっと効率的かつ利便性のいい事務になり、税金が安くなればいいのに)

続きを読む

(18:00)

2007年02月16日

mixiチェック

まず確定申告のお話をする前に、前回のブログを「そろそろ確定申告の時期です。」と始めたところ、「確定申告」関連のトラックバックをたくさんいただきました。
が、残念。前回は展示会の話をしたかったんですが、どうやら皆さん枕の話に食いついていただいたようで...
もう一度、こちらのほうにトラックバックかけていただけるようお願いします。m(_ _)m

さて、確定申告本日(2/16)、市役所で出してきました。

昨年、システムコンサルタント事務所「BeLive」開業しましたので、今年は初めての事業所得での確定申告です。
それも青色申告に挑戦!!
「わくわく財務会計」も開業とともに購入して頑張ってみました。
(つけはじめはここ)

それに分離課税もやってみました。
そのほか「医療費控除」や「小規模企業共済控除」などなど、いろいろとやることになりました。
大変勉強になりましたが、「大変だ!!」と聞いていたけど 私としては「こんなにかんたんなの?」でした。
あっ!! 今回は独力でやってみましたよ。
まぁ、初年度だからそんなに難しくなかったのかもしれません。

でも、申告がかんたんだったのは「確定申告書等作成コーナー」のおかげもあるかもしれません。

続きを読む

(22:06)