BeLive

2006年08月29日

mixiチェック

一応、青色申告目指して帳簿はつけてます。
収支のバランスも考えてます。

BeLiveが使っている財務会計ソフトは

わくわく財務会計 2 スタンダード

これについては以前にも紹介しましたよね

さて、これを購入したときには、まだ新会社法に対応していませんでした。
ただ直前に購入したので、ピクシスはサポート期間中のバーションアップ(1回)は無償なので、今回バージョンアップのCDを送ってもらうことにしました。
(まあ、本当はCDを送ってもらうのにスタモンダがあったんですがね)

バージョンアップのお話をする前に、このソフトについての感想をば

起動は早いです。以前「弥生会計」のお試し版も試しましたが、あれは遅すぎます。
はっきり言って余分なことは要らないと思います。
「弥生会計」にあってないもの...グラフ処理や家賃案分処理などはありません。
画面はわかりやすいか? ....とも言い切れないけど、ヘルプが親切です。
そして何より頼りにしているのがサポートです。
青色申告を目指しているものにとって、ピクシスの「青色申告応援ブログ」は心強いものです。...ですが、現在(2006年8月) このブログを見ることができません。

ピクシスは、システムサポートの他に「青色申告応援ブログ」と「起業家応援ブログ」の二つで応援してくれています。
ただ、現在 それがどちらもシステムトラブルで見れないのが残念で堪りません。
(もう半月になります)

さて、バージョンアップのお話ですが、新会社法がらみなので個人事業主においてはあまり関係ありません。
しかし、バージョンアップしておかないとアップデート(リビジョンアップ)ができません。
また、いずれは法人化します。
そのときでも使える準備は必要です。
バージョンアップ作業は簡単でした。単にインストールするだけ。
バージョンアップ後も、旧製品のデータは残してくれますし
コンバートも必ず複写の形で行ってくれます。
トラブルもなく、今使用しています。
この一年はこのソフトでやってみようと思ってます。

続きを読む

(11:50)

2006年08月11日

mixiチェック

2006年8月7日(月) 西神田にて
インフォテリア(株)のデータ連携ソフト「ASTERIA」の体験セミナー
に行ってきました。
今回はそのソフトを実際に触ってきました。その感想です。

インフォテリア(株)では、「ASTERIA(アステリア)」を”データ連携ソリューションスイート”と位置づけてます。

使用する場面から考えると、有名なところでは「HULFT」などに代表されるファイル転送ソフトに近いといえます。
しかし、ファイル転送ソフトは単に異なるプラットフォーム間でファイルの転送ができるようにするだけ。
それはFTPなどでも可能なこと。
実際にアンチウイルスソフトなどではパターンファイルの更新にFTPを使ったりしています。

では、ASTERIAは「どこが違っていたか」
ASTERIAは単にファイルを転送するソフトではありません。
真に「データ連携」をするための仕組みだと思います。

よく「データ連携」ツールとして、OLAP/BIのソフトが紹介されることがありますが、あれらは分析のためのツールであり、「データ連携」のためのツールではないと思います。

「データ連携」ツールとは、「異なるデータソース(データベースを含む)から、ユーザが必要とするときに、必要とする形で抽出及び提供ができる道具」であると私は思います。
そういった意味で、ASTERIAはその条件を満たしているソフトであると思います。

  • GUIでその「データ連携」を設定できること。
  • ASTERIAサーバさえ用意し、WEBやFTP、SOAP、バッチなど一般的に利用できるトリガーで実行できるため、後工程の開発が簡単であること。
    (トリガーとなるのは単純なWEBのページでもOK。余分な開発がいらない)
  • ASTERIAサーバで、各「データ連携」を簡単に管理・運営ができること。
  • 「データ連携」が、コピーや部品化できるため、連携の継承等が簡単に行えること。

などなど、良い点がたくさんあります。

今回の体験セミナーでは、その中でも「ASTERIA Designer」を「データ連携」の作り方(ASTERIAでは「フロー」と呼んでいる)を体験してきました。

MS-Accessでクエリー等を作ったり、フローチャートやUMLを書ける方、EclipseなどのGUIのIDEソフトを使っている方々ならば、大変簡単に利用できると思いました。

続きを読む

(08:00)

2006年08月10日

mixiチェック

夏季の電話応対について

誠に勝手ながら、レンタルしているオフィスが以下の日程で夏季休暇に入ります。

8月12日(土)〜15日(火)

そのため、この期間中の電話及びFAXをお受けすることができません。
なお、メールにつきましては、この期間中に関係なくお受けすることができます。

なにとぞ、ご了承いただけるようお願いいたします。

BeLive 近藤



(15:20)

2006年08月04日

mixiチェック

今日のお題は、わが事務所のお話です。

現在、わがBeLiveは本部を自宅に置き、それとは別に都内に事務所を持っています。
事務所には株式会社Be-Sideが運営している東京 日本橋にあるレンタルオフィス「Wis Square」を利用しています。

Wis Square<=ここをクリックするとわかりやすくなります。

住所は
〒103-0027 東京都中央区日本橋3-2-14日本橋KNビル4F
JR 東京駅八重洲北口 徒歩3分
・営団地下鉄銀座線、東西線、都営地下鉄浅草線 日本橋駅 徒歩3分

東京駅から八重洲通りを1本目を左に、「山頭火」というラーメン屋の角を右に曲がり、高級割烹「ゆかり」が1階にあるビルです。

4階が受付になりますが、レンタルオフィスなのでお越しになられる方は前もって、BeLiveにご連絡いただいた上でお願いいたします。
BeLiveの連絡先は

Tel : 03-5201-3974 (10:00〜18:00 月〜金)
Fax: 03-5201-3712

です。
電話をいただくと、きちんと受付の方が応対してくれます。
私が事務所にいる場合はそのまま取り次いでくれますが、外回りしている場合も必ず連絡が入るようになっています。
会議室もありますし、Wis Squareは、日本橋のほかに銀座や横浜の事務所や会議室も利用できるので大変助かっています。

場所もJR 東京駅と東京メトロ 日本橋駅のすぐ近くですし、食事をするところもたくさんあります。
オフィス街でありながら、老舗のお店があったり、おしゃれな店があったり、金融の顔やIT系などなど、日本橋はいろいろな顔を持っています。
また別の機会に日本橋についても書いていきたいと思います。

続きを読む

(14:55)

2006年08月01日

mixiチェック

報告が遅くなりましたが、7月26日(水)に日本橋蛎殻町にて「VMware Day」というセミナーがありましたので行ってまいりました。

VMwareは、以前 当ブログの「仮想化技術 その1」の中で紹介したPCの中に仮想PCを作成するソフトです。
シリーズには、主に以下の3つがあります。
シンクライアントの狙いとする「VMware ACE
システム開発等にクライアントPC内で利用する「VMware Workstation
無償提供されているサーバを集約する「VMware Server」(旧 VMware GSX Server)
そして専用OS上で高パフォーマンスでサーバ集約する「VMware Infrastructure 3」(VMware ESX ServerVMware VirtualCenterなどをまとめたもの)

今回のセミナーは、その中でも「VMware Infrastructure 3」を中心にしたものでした。

セミナーの中でも言われていたのですが、従来のVMwareの導入される目的は「システム開発をする際に客先の環境を再現する」であったり、「サポートの切れたOSがあるけれども、現実に利用しているために環境を保持する」ためのものでした。
しかし、VMwareの利用目的には「論理的なサーバを利用することで物理的なサーバを集約しコストの圧縮を図る」ことや「障害やメンテナンス時のダウンタイムを極力抑える」ために、本番サーバに利用されることが多くなってきているようです。

実際、私も前の職場にて「VMware GSX Server」(現 VMware Server)の導入計画を立てたことがありました。
その際には、まだ時期尚早とのことで見送られましたが、そのあと仮想化サーバは本番環境として導入されています。

「VMware Server」と「VMware ESX Server」の違いは、ホストとなる部分にどのようなOSを利用しているかの違いです。
「VMware Server」は、一般的なWindowsやLinuxをホストOSとし、その上に仮想化したPCとOSが載ることになります。
「ESX Server」は、ホストOSなしに仮想化PCを載せるものです。
そのため、各仮想化PCの性能は影響されるものが少ないため、高いパフォーマンスを出すことができるそうです。
デバイスもネットワークもきちんと仮想化及び共用化することが可能だそうです。

ただし、APCの方に聞いた話ではまだPowerShuteなどのUPSの制御においては、ESX Serverに対応したものが無いとのことで、電源異常が起きた際の対処はまだまだ課題なのだそうです。

事例等も紹介されていましたが、企業においてはコストダウンとメンテナンス性の向上、教育分野においては、学生一人一人に低コストで実験用のサーバを提供することができる環境が構築できるとのことでした。
確かに高いパフォーマンスがあり、コスト的にも優れているようだったら利用価値はきわめて高いと思います。

今回、このセミナーを聞きながら、あるビジネスモデルが浮かんできました。
もし興味がおありでしたら、コメントかメールを入れてください。
後ほど、ご連絡します。

仮想化技術はコストパフォーマンスが良いだけではありません。
仮想化技術はエコロジーであり、IT業界におけるロハスな技術であると思います。
実際、サーバが多ければ多いほどエネルギーを必要としますし、熱や電磁波も出します。
サーバの交換サイクルのたびに廃棄物が出ます(昔はリユースできたのに、法律のおかげでリユースできないものが増えてしまいました)
仮想化技術を利用すれば、物理的なサーバは集約され、エネルギー消費と放熱、放電の割合が減ります。
サーバが集約されることで交換部品も減ります。
それに加えてダウンタイムが減るので、利用者の精神衛生にとってもビジネスにとってもうれしいことになります。(もちろん、それだけの性能は必要ですが...)
そういった意味で、仮想化技術はロハスであると思います。

そういえば...
仮想化技術として、今回のセミナーの展示コーナーで仮想化ストレージ管理ソフトも出展していました。
DataCoreSANmelodyというものです。

続きを読む

(16:59)

2006年07月21日

mixiチェック

ワイヤレスジャパン2006

昨日(7月20日) 東京ビックサイトで開催されている「Wireless Japan 2006」へ行ってきました。
コンファレンスへの申し込みをしていなかったので、今回も展示場を見ての感想です。

全体的には「携帯の行方」がメインでした。
私としては今回はWLLCOMの「W-ZERO3」とauの「IP内線サービス」、携帯以外ではBluetooth/UWB/ZigBeeそして無線LANの住み分けと展開、そしてSkypeの台頭を期待していました。

全体的な感想はほとんどが携帯メインです。

展示場のレイアウトからも両端にKDDIとDocomo、ひとつ内側にWLLCOMとYOZANといったPHS系
その脇に松下やNEC、シャープなどの大手メーカー
完全にはさまれる形でメーカーやベンダーが...その中に専門誌各社が呼び込みをしている
こんな状況です。
でもよく見ると携帯電話系でvodafone改めSoftbankの姿が見えません。
また携帯市場に参入しようとしているe-Accessなども...
それよりも、なぜにワイヤレスと謳いながら、携帯がメインなのでしょうか?

もちろん、携帯と無線LAN以外のワイヤレスでは、特にZigBeeが頑張っているように思えました。BluetoothやUWBもあるのですが、どこかパッとしません。
BluetoothやUWBはどこへ向かおうとしているのでしょう。
Bluetooth製品は一時期に比べ少なくなりました。
UWBについては、民生品はほとんど無いように思えます。
これは私の感想です。私が不勉強で無知なだけでしたらご指導願います。

そんな中で携帯、特にKDDI/auとWLLCOMは入り口にあったこともあり、健闘していたように思います。逆にDocomoは...

auは無線LANやWiMAXなどIPネットワークとの融合を目指しているようでした。
このことはテレビ東京のWBCでも紹介されていましたが...
私が気になったのが、IPによる無線内線システムです。
事業所内に設置するのがOFFIMOといい、それに対応したビジネスケイタイがE02SAだそうです。
メーカーの方に聞いたところ、30名規模〜の事業所の導入を予定しているとのことでした。
しかし、このシステムはPBXを必要とするようでビジネスホンを入れている環境で無いと使えないようです。

今回、一番時間をとってみたのがWLLCOM。
W-ZERO3[es]やはりWLLCOMIとしても最も力を入れていたのがW-ZERO3でした。
特に7月27日発売のW-ZERO3[es]
PDAそのもののW-ZERO3に比べ、小ぶりですので画面が小さいかなあと思いましたが、結構読めます。
触ってみた感じはほしくなりました。
W-ZERO3で対応していなかったQRコードに対応したり、Outlookでない専用メーラーがついたり、USBのホスト機能があったりと機能的には魅力です。
また連続稼働時間と価格もそれぞれ改善されたようです。

しかし、無線LANの機能は別途になってしまったようです。
説明してくれたオニィちゃんの話だと「サイズを小さくしましたからその分削ったところがありまして...」そこが無線LAN機能。
うぅぅ...無線LAN機能は削らんでほしかった。
無線LAN機能が必要ならばWS004SHか、別売の無線LAN miniSDカードを追加してほしいとのこと。
実はSkypeの端末として、何かいいものは無いかと考えていたところもあり、無線LANが外付となるのは...
仕事用の電話として、持ち運びメーラーとして、客先でのWEB確認用として、mixi用として(°o°(☆◯=(-"-#)。オラッ
ちょっと分厚いですがよさそうでした。

そのほかSkypeやグループウエアとの連携を期待したところもありましたが、ほとんど無かったです。
IBS Japanの「ClearSky」は興味があったのですが、なぜか見過ごしてしまいました。
ソフィア総合研究所の「ePBX for SKYPE」もSkypeで転送できるというのはよいのですが...
とにかく両端以外は目的とするものが見つけにくかった展示会でした。

しかし、せっかくワイヤレス製品/サービスの展示会なのに、その特性をうまく生かそうとしないのだろうか?
たとえば、RFID/無線LAN/UWB/ZigBee/Bluetooth何でもありで端末や接続装置等を来場者に貸し出す。
その代わりパンフレットは一切渡さない。
パンフレットはすべてブースの前を通る各来場者の端末に送られる。
来場者は気に入れば、製品情報をメール/郵送/セールス担当のいずれかで取り寄せられるようにする。
もちろん、その場での商談アポイントメントを取り付けてもよい。
名刺の代わりにVCardみたいなものの交換でもよい。
とにかくワイヤレスの特性を生かして来場者と情報交換する。
そうすることで、各ブースは即座に人気や注目度を得られる。
来場者としても、余分なパンフを帰りに捨てる必要が無い。エコである。
パンフレットって、いらないんだけど受け取っちゃたり、ノベルティにつられて名刺と交換しちゃったり
あとでいらないのにDM送られてきてうんざりしたり、持ち帰るのが重かったり...
逆にブースに活気が無いから、必要な資料や説明を逃したり...
ブースに人がいなくても、そのブースの前で来場者が端末からコールして、もし担当が出てこれなくても後で来場者と接触してビジネスチャンスを広げることができるではないのか?

せっかくのこの展示会の特性が生かされていないような気がした。

Beliveにとってアイデアが資源です。
特に業務系のシステムのアイデアに強い会社(?)に育てようと考えています。
ワイヤレスはそういう意味で今後、重要なアイテムとなりえます。
勉強しなくては...


見終わって出口をでると、「おさかな天国」という歌にのって魚のにおいがしてきました。
ジャパン・インターナショナル・シーフード・ショー
おいしそうでしたが、次の予定もありましたのであきらめました。


 

続きを読む

(17:11)

2006年07月07日

mixiチェック

封筒BeLiveの封筒を作ってみました。
印刷屋にお願いすれば、もっときれいにできるかも知れません。
しかし、何事も経験ですし、できれば自分なりにデザインしてみたかったので作りました。

今回、この封筒を作った目的は以下のとおりです。

  • 開業等、BeLiveに関する挨拶・案内
  • 契約書類や請求書等の発送

当初は「開業の挨拶状」をはじめに送るつもりでしたが、忙しさにかまけてなかなか作成できないでいました。
そうこうしているうちに、請求書を発送するほうが先となり、第1号は「請求書在中」の印を押して使用しました。

それにしても、「請求書在中」印って、あんなに値段が違うんですね。
最初買おうとしたのが、某有名印章メーカーのスタンプ台を必要としないタイプ。千円強しました。
ある事務用品店で見つけたスタンプ台を必要とするタイプが、2千円弱。
そして百円ショップで見つけたのが、スタンプ台を必要としないタイプ。もちろん100円。
事務所の住所などの印ならば、ちゃんとしたものを買うべきでしょうが、「請求書在中」と記すだけであり、消耗品と考えると...結局 百円ショップで購入。

話を戻して、今回作成した封筒には「KOKUYO カラープリンタ封筒」を使いました。
プリンタはもちろん「Canon MP800
作成ソフトは「KOKUYO 合わせ名人2(簡易版)」
を使用しています。

プリンタとソフトの組み合わせはすでに名刺やパンフにつけるラベル等で経験がありますので、今回もたいしたことはないと思っていました。

しかし、「KOKUYO カラープリンタ封筒」の裏面 説明書きをよく読むと「キャノン ピクサスシリーズでは使えません」とあったんです。
では、MP800では使えないのでしょうか?

このあと、「KOKUYO カラープリンタ封筒」にMP800で印刷する方法を残します。

1.封筒のテンプレート
 まずは、「KOKUYO 合わせ名人2(簡易版)」に「KOKUYO カラープリンタ封筒」のテンプレートがありません。
 そこで『「合わせ名人2」ダウンロード』から『「カラープリンタ封筒」テンプレート集』をダウンロード=>解凍=>"KOKUYO\合わせ名人2\My Label"に保存しておきます。
 テンプレートは数種あります。使いたいテンプレートを入れてください。
 私は「定形宛名」「定形小宛名」「定形枠付」「定形小枠付」をダウンロード。
 結局「定形宛名」「定形枠付」のそれぞれの部分を利用してBeLive用テンプレートを作りました。

2.基本的な作成手引き
 基本的には上記のダウンロードページに封筒の作成方法が記されているので、それを参考にしてください。

3.MP800だから...
 問題は「キャノン ピクサスシリーズでは使えません」という注意書き。
 どうやら正当なやり方では利用できません。

(1)用紙がセットできない。
 最初、オートシートフィーダに封筒をセットしました。
 しかし、オートシートフィーダのガイドレールは硬くて、封筒を印刷するたびに直すのは大変なことです。
 また封筒の差込向きがオートシートフィーダ側ではうまく合いません。
 そこで、私は前面給紙カセットにセットしています
 なお、紙をセットする場合、あらかじめテスト紙で間違いがないか確認してください。
 ガイドレールは、封筒のサイズに合わせます。

(2)用紙の向きが変。
 用紙の向きですが、のりしろ側が内側(左側)になるようにセットします

(3)用紙サイズが変
 ダウンロードページでは「ユーザ定義サイズ」とありますが、このサイズだと印刷の際に拒否されます。
 もちろんプリンタドライバから「洋形封筒4号/6号」「長形封筒3号/4号」を指定することができますが、このサイズでも拒否されます。
 結局、A4縦」が妥当サイズのようです。(印刷時に警告は出ますがA4でいけます)

(4)マージン位置が変
 そのまま、印刷すると痛い目にあいます。
 なぜなら、マージン位置が変だからです。
 そこで「合わせ名人2」の印刷調整の右方向を62mmにします

これで印刷したのが、写真のとおりのものです。
わかってしまえば楽なのですが、ここまで見つけるのに半日かかってしまいました。
また、マージン設定は保存されないのでその都度、設定します。

今のところ、大量に郵便物を発送したりすることがありませんが、今後 発送したりしなければならないものが増えたり、もっと大きな封筒を必要するようになれば印刷屋さんに頼まなければなりません。
それまでは、都度都度 自分で封筒を作ろうと思います。

続きを読む

(12:34)

2006年07月06日

mixiチェック

先日、16歳で大リーグと契約した少年がテレビに出演したときのサインに
コツコツ
と書いていました。

先週末のSmaSTATIONでは、松下幸之助の特集をやっていました。
前から松下幸之助 語録を探していました。
「無理に売るな。
客の好むものも売るな。
客のためになるものを売れ」

この言葉を探して

この言葉と初めてあったのは5年前のSoftware Designという雑誌の記事でした。
それはサイボウズ社関連の記事(詳しくはサイボウズ営業部ブログのコメントで)
それ以来、自分が会社を創る時も、この言葉をもらおうと思っていました。

松下幸之助翁の言葉には、今でも通用し且つ教えられることがたくさんあります。
今日、本屋の棚の奥に「松翁論語」という本を見つけました。
(買えばよかったのですが、例の言葉が見つからなかったので、今日買うのは見送ってしまいました)
松下翁の言葉の中には、「コツコツと頑張らなければならない」と言う言葉もあれば、「積極的に」「責任を持って」といった言葉も...
そしてやはり「事業は人」と言う言葉も

BeLiveは、私個人の事務所として始めました。
しかし、そろそろ法人化の必要性も出てきました。
そして法人化を考える上で、やはりパートナーの必要性も...

話替えます。
本当はこんな重い話題のつもりではありませんでした。
実は、開業してから早3ヶ月が経ちました。
おかげさまで、皆様からのご愛顧により、BeLiveを続けさせて頂いています。
ありがとうございます。

おかげさまで忙しく3ヶ月を過ごさせて頂いたので、経理処理もだいぶ溜まってしまいました。
今までもチョコチョコやってはいたのですが、やはり溜まってました。
そこで今週は経理処理に励んでいます。
現在、BeLiveには会計ソフトとして
わくわく財務会計 2 スタンダード
(ピクシス)を入れています。
実はこのソフト、有名な会計ソフト「弥生会計」と基が同じと知ってました?
元々はミルキーウエイの「大番頭/小番頭」だそうです。
前の会社で大番頭はさわったことがありました。(といってもインストールと動作確認をしただけ)
そんなこともあり、どちらにしようか悩んだのですが、値段とそしてサポートの良さで「わくわく財務会計」にしました。
今週はこれを使っての経理処理です。

しかし、経理って自分に向いてないとつくづく思います。
法人化した際は、専門の人を入れないと。

なんとか、領収書の束は処理できました。
売り上げも2ヶ月おきですがなんとか
収支もあってます。

なんとか処理はうまくいっていそうです。
しかし、今後はなるべく溜めないようにしないといけないですね。
小さいことからコツコツと



(22:00)

2006年07月03日

mixiチェック

暑い日が続いていますが、皆様お過ごしでしょうか?
あまりに暑いので、この話題はもっと早く載せなければならなかったのですが、遅ればせながら...

先週(6月28日〜30日)、東京ビックサイトで

  1. 第9回 組み込みシステム開発技術展
  2. 第1回 RFIDソリューションEXPO
  3. 第15回 ソフトウエア開発環境展
  4. 第8回 データストレージEXPO
  5. 第3回 情報セキュリティEXPO
  6. 第11回 データハウスウエア&CRM EXPO

が開催されていたので、行ってきました。
事前登録してチケットを入手しようかなと思っていたのですが、お取引をさせて頂いている「マイルストーン株式会社」様からチケットをいただきましたのでそれで行ってきました。

今回は、ネットだけでは収集できない情報関連環境の市場動向調査、めぼしいものがあればクライアントへの提案材料の収集を目的に行って参りました。
全部で6つ(? 7つ)の展示会がいっぺんにやっているので、見て回るコース順と時間配分をして3時間コースで行って参りました。
(会場には「2,3日掛けてまわってください」と書いてあったけど、それほどの時間とコストは掛けれない。第一疲れる。だから3時間一本勝負)

コース順は、上記のタイトル順です。

1.第9回 組み込みシステム開発技術展

今回、ARM、シンクライアント、組み込みLinux、画像処理が目につきました。
シンクライアントでは、MINI PCというのが数社から展示されていました。

MINI PC
見た目が「LinkStation」や「玄箱」の両側に金属プレートをつけたようなものです
ハードディスクありのものもありました。
(それって、本当にシンクライアント?)

ARMやμLinuxなども熱かったです。

2.第1回 RFIDソリューションEXPO

ここは触手が全然のびなかったので、ほとんど通り過ぎてしまいました。
なぜ、触手がのびないのでしょう。

3.第15回 ソフトウエア開発環境展

ここは前職でのおつきあいのある会社が多くあるので、時間を掛けようと思ったのですが、なぜかそれ以外は触手がやっぱりのびないですね。
今年はUMLでの開発ツールもでていたのですが...UMLってどうなんでしょう。
一時期UMLを採用しようと勉強したこともありますが、結局 フローチャートかE-R図を使うことが多々。
やはりUMLはツールであり、そこから何かが生まれる訳ではありません。
システム開発者にとって熱くても、実際にクライアントにとってはあまり興味がないもの。
そうなると触手が動かないですね。

さて、以前からおつきあいがあるところはどうでしょう。

インフォテリア ASTERIA
XMLに強いインフォテリア様。でもASTERIAはXMLだけにとどまっていない。
バックにデータベースがたくさんあり、アウトプット先が多種あっても高速でコンバートすることを主としたツールはなかなかないですね。
データ転送ツールは結構ありますけど、ASTERIAほどではありませんし、ASTERIAに比べると結構コストパフォーマンスがよくないです。
開発ツールと言うよりは、BIツールに近いです。
そのためか第11回 データハウスウエア&CRM EXPO でも松下電工インフォメーションシステムズ株式会社ではBIツールとして、ASTERIAを紹介していました。
ある意味正解だと思います。

y.s.s. PDFメイクアップ / IOWebDoc
前職で社内情報統合システム内に、建築設計図書の承認及び原本管理を行う電子書庫を構築したおり、PDFメイクアップを導入しました。
y.s.s.はPDFに関しては特に強いソフトハウスです。
前者のインフォテリアがXMLをコアとしていろいろな入出力を提供しているのに対して、y.s.s.はPDFでの出力/編集の自動化に特化した企業です。
PDFによる書類の電子化は当たり前のようになってきています。
今後、システム提案する上でおつきあいを重ねて行きたい企業です。

4.第8回 データストレージEXPO

ここも以前に比べると触手が動きません。
以前はサーバの管理もしていたのでバックアップとか興味あったせいなのでしょうか?
それよりも何か目玉がなかったように思います。

5.第3回 情報セキュリティEXPO

去年辺りから「内部統制」がこの手の展示会では中心になっています。
しかし、前々から思っているのですが、果たしてソフトを替えたら内部統制できていると言えるのでしょうか?
また「日本版SOX法対応」と書かれたソフトでないと内部統制はできないのでしょうか?
そういえばISO9000やISO14000が流行ったときには「ISO9000対応」と言われたものが、個人情報保護法が施行された時には「個人情報保護法対応」と言われたものがでました。
本当に内部統制などを考えるならば、ブームに踊らされたものではなく、きちんとしたリスク管理、対策を体系づけて行うべきだと思います。

6.第11回 データハウスウエア&CRM EXPO

やはりここで気になったのはBIツールです。
CRMも気にはなります。でも...
ただしBIツールもそれほど目玉となるものも...その中で気になったのが2つ。
その一つはすでに述べた「インフォテリア ASTERIA」です。
そしてもう一つは

マイルストーン データスタジオ@WEB
おつきあいあるからと言う訳ではありません。
このツールはバージョンを重ねる毎によくなってきていると思います。
確かにデザイン性は、他のOLAP/BIツールと比べると...
しかし、機能的には徐々にですが成長を続けています。
OLAPやBIツールを使う場面はどこでしょう?
主に使われるのは研究機関もあるでしょうが、企業です。
企業のユーザはその都度、テーブルの選択とか、項目の選択とかするでしょうか?
また企業のように組織が流動的なところで、ソフトや設定の配布は果たして有効でしょうか?
そして、先の内部統制にも絡む話ですが、情報の通り道はなるべく脇道がないに越したことはありません。そうなると、ユーザの管理は多重化したり、認証が複雑になることをよしとするでしょうか?
今回のデータスタジオ@WEBはその辺りを中心に成長しています。
目に見えないものですし、利用者は気付かないかもしれませんが、結構 すごいことです。

以上、3時間駆け足で見てきた感想です。
全体的にそれほど目新しさもなく、以前のようなテーマ性もありませんでした。
そしてそれぞれの展示会の垣根があやふやになってきている気がしました。
でも、展示会で実際に手で触れて見てくることは必要ですね。

次はどの展示会に情報収集に行こうかな。



(11:47)

2006年06月19日

mixiチェック

お久しぶりです。
最近、ブログの更新をあまりしていなくてすみません。

さて、今回のお題は「仮想化技術」です。
私は、現在2つの仮想化技術を用いたソフトを持っています。
もちろんどちらも合法的なものです。

1つは、PC上に仮想化したPCを構築するもの。
もう一つは、ソフトウエアで仮想化したCD/DVDドライブを構築するもの。

先日、請け負っている仕事を遂行するため、「VMWare Workstation 5.5 for Windows」と言うソフトを購入しました。

VMware Workstation 5 for Windows日本語版

ご存じの方も多いと思いますが、これは前者の「PC上に仮想化したPCを構築するもの」です。
なぜ、このソフトが必要だったのでしょう。

理由 (1) : 新しいPCを購入または借りる金がない。
 私が生業としているのは「システムコンサルタント」及び「システム開発」です。
 相談を受けた、あるいは請け負った業務を遂行するに辺り、お客様と同等の環境を作らなければなりません。
 しかし、単純に同じ機器をそろえるほどの予算はありません。
 だからといって、常に客先で提案書の作製やテストを行うわけにはいきません。

 そこで、VMWareで、自分が所有している資源の中に客先と同等あるいは似せた環境を作ります。
 そうすることで、少ない予算で効率的な業務を遂行しています

理由 (2) : 物理的な場所がない。
 理由(1)と同様ですが、客先と同等の環境をそろえることは物理的な空間の確保も必要となります。
 また、コンピュータにしろ、ネットワーク機器やその他の周辺機器にしろ、すべて電気で動きます。
 そのため、電気の容量も気にしなければなりません。
 もちろん仮想化では、完全に客先の環境を作ることはできません。
 しかし、求めるところが明確であれば、同等の環境は少ないコストとスペースで準備できるはずです

理由 (3) : 何度も試す。(壊れることをおそれない)
 物理的なマシンに比べて、仮想化したマシンの利点は「やり直せる」こと。
 物理的なマシンにあるOSをインストールします。その後、設定を間違えたら、再度インストールからはじめなければなりません。
 しかし、仮想化したマシンならば、途中経過を保存しておけば、そこまで戻ることができます。
 特にVMWareの場合には、「スナップショット」という機能があり、万一設定を間違えてもそこまで戻れば、再開ができます

理由 (4) : 完了後のコストと再開時のコスト
 依頼を受けたプロジェクトが完了したとしましょう。
 そうすると、作った環境はとりあえず必要がなくなります。
 しかし、実際にはその環境はとっておく必要があります。
 なぜなら、契約上保証しなければならない期間がありますし、改良を依頼されたとき、再度環境を整えるのは大変です。
 だからといって、物理的なマシンは使わなければ邪魔ですし、保管にコストも必要です。
 その点、仮想化してしまえば、バックアップを保管するコストのみでOKです。
 また、再開する際もリストアすれば済みます。
 再度マシンをそろえるコストも、インストール作業をするコストも要りません

理由 (5) : 共同作業
 依頼されたプロジェクトは、ひとりで行うことは希です。
 複数人で同じプロジェクトを行う場合、通常は一カ所に集まり作業をします。
 しかし、必ずしもそういった作業環境が確保できるとは限りません。
 特に私のような独立系のコンサルだと、プロジェクトも複数社が絡んできます。そうなると規模によってはそれぞれの職場にて開発をしなければなりません。
 そんな時にどのようにシステム環境をそろえるかが重要です。
 もちろん「iDCを借りて、VPNでつなぐ」という方法や「物理的なマシンを拠点の数だけ用意する」という方法もありますが、果たしてそれがベストの方法でしょうか?
 プロジェクトの進め方によってはバージョニングが必要ですし、システム環境の配布は多大なコストを必要とします。
 仮想化されたマシンは、システム環境の配布に関するコストを軽減しますし、バージョニングに関しても寛大です

理由 (6) : 資料作成が楽。
 仮想化されたマシンは、利用者がいつも使い慣れている環境の上で動きます。
 そのため提案書や仕様書、マニュアルを作製する際に、仮想化されたマシンは使い慣れたソフトの一つとして利用できます。
 もちろん、物理的なマシンを並べて見比べながら提案書や仕様書、マニュアルを作ることは可能です。
 しかし、決定的に有利なのは以下のようなことです。
  a.仮想化されたマシンの画面を、すぐにキャプチャできる
  b.仮想化されたマシン上の文字を、(制約はあるが)コピー&ペーストできる
 2台以上のマシンを行き来することは大変です。
 そういった意味で、特に私のような提案を主とするものとしては最適です。

 もちろん、VMWareを導入することが絶対でもありませんし、ベストではないかもしれません。
 しかし、業務を効率的に勧める上で、VMWareを利用することは有効な一手段と言えるでしょう。

 もう一つの仮想化技術についてですが、だいぶ長文になりましたのでまたの機会にしたいと思います。



(12:08)

2006年05月04日

mixiチェック

仕事にプライベートに、5年ほど前に購入したノートパソコン Sharp メビウス(PC-MC1-3CA)を使っています。

長く使っているのですが、最近 仕事で画像を加工することが多いせいか、いろいろな処理が遅くなってきました。
最近の仕事で、VMWareの利用が必要になりインストールしたところ、ますます処理が鈍化。

考えてみたら、購入したとき128Mのメモリを足しただけで、搭載しているメモリは382M(標準で256M)。
さすがにこれでは非力なので、メモリを買い足すことにしました。

購入したのは、IO・DATAのSDD266-512
メビウスのサポートサイトで適合機種を調べたところ、バッファローやハギワラのメモリでもOKだったのですが、「とりあえずIO・DATA」
購入元は、いつものサクセスです。

載せなおしたところ、快適です。
でも、やはり仕事に使うには、もうこのパソコンでは非力でしょう。
そろそろ、Adobe製品の導入も考えなければなりません。
そうすると、たぶんこのマシンでは仕事に耐えられないと思います。

PanasonicのW5。考えようかな。



(12:10)

2006年03月28日

mixiチェック
151f49db.JPG

拝啓 陽春の候 皆々様には益々ご清祥のこととお慶び申し上げます
さて このたび システムのコンサルティングを行うべく
「BeLive」(ビィーライブ)を本日 3月28日付けで開業致しました。

つきましては 今後とも よろしくご愛顧お引立を賜わりますようお願い申し上げます
                             敬 具
 平成18年 3月
                    BeLive 代表
                    近藤 雅昭



(16:39)

2006年03月23日

mixiチェック
3e1c9963.jpg

BeLiveのワッペンを作りました。
このワッペンをプロスキーヤを目指している友人に送り、つけて貰いました。

サイズが今ひとつ小さいのですが、第1号としては上々であると思います。
製作はエンプリさんにお願いしました。
納期等で結構無理をお願いしたのですが、期限内に仕上げて頂きました。



(12:38)

2006年02月06日

mixiチェック

とうとうNetHawk EP100と無線LANカードが来ました。

EP100キャノンイメージングシステムテクノロジーズ製のプリントサーバです。
Canon MP800のUSB−>イーサネットに変えてくれる機械です
USBで可能なことのほとんどが、ネットワーク越しにできるようになります。
これを今か今かと待っていました。

セットアップそのものは簡単です。
ただし、MP800のユーティリティをフル活用したいならば、インストールの順番は間違えないように

  1. 最初にPCと複合機は必ずUSBで接続して設定します。
    ドライバーは後で入れようと思わないでください。先に入れておくのが正解のようです。
  2. 次にMP800とEP100とLANをつないでください
  3. PCにEP100のユーティリティをインストールします。
    インストールはマニュアルどおりに行えば問題ありません。
    MP800についても自動認識してくれました
  4. インストールが済んだらうまく印刷などができればOKです。

ただし、上記はすでにネットワークの設定が済んでいる場合です。
でも、ACアダプタつき電源コードって何であんなに邪魔なんでしょうね。
今回、せっかく雷サージ付のOAタップを買ってきたけど、AC-DCアダプタ部分が邪魔でコンセントが2つ以上使ってしまいます。
MP800は直接AC100Vなので問題ないのですが、EP100はACアダプタが付属しています。ちょっと大きめのが...

さて、これで家の中のどこでもMP800が使えるようになりました。

  • 印刷:        とりあえず申し分ありません。(紙の問題はクリアしたので)
  • スキャン:  ちょっと手間ですが問題なくできます。
                     今回の画像の1つはスキャンしたものです
  • コピー :     結構簡単です。
  • SDカード : ずばり普通のカードリーダ同様に使えます。
                      もうひとつの画像もこれを利用したものです。

プリンタ達ぜんぜん問題なし。
(画像は加工しています。)

これに無線LANの設定をしたので、結構PC環境が向上しました。
ただし、それ相当の出費もしましたが...

続きを読む

(00:32)

2006年02月02日

mixiチェック

昨日は情報収集日です。
久しぶりに東京ビックサイトへ出発。

ねらいは「NET & COM 2006
なのだが、着くやいなや「ENEX2006 第30回地球環境とエネルギーの調和展」が目につき、フラフラーっと

第1章 「ENEX2006」
期待したのは、新エネルギーとか自然エネルギー利用とかパッシブソーラーとか、なのだが...
はっきり言って期待はずれ、お役所の広報ブースやエネルギー企業のご自慢大会に思えた。
おいてあるものも、見たことあるものばかり。
これなら、ベンチャーフェアのエネルギー関連のブースの方が絶対良い。
さっさと出てきた。所要時間10分。

第2章 「NET&COM 2006」
日経BPのサイトで事前登録をしてあったので、とっととはいる。

今年の目玉は何でしょう?

つらつらと見てゆきますが、触手が伸びない。
依頼されている関係の情報を仕入れるため、セキュリティ機器を見て回る。
多い。というよりほとんどセキュリティ機器。
去年あんなに話題となっていたRFIDタグは、本当に片隅に。
その代わり、生体認証が中心に来ていました。
それに暗号化や検疫
でもそうそう珍しいものではない。

あれ? 今年はフィードが流行じゃないの?
それになんだか規模も小さくなっているような
まあ、今年のテーマは「SOX法」なのかもしれない。

そんな中で気にとまったのが

アカダマ(株)
「白箱」を知っている方はご存じだと思いますが、国産WebDAVサーバ「akaDAV」を出しているところです。
「白箱」とは、アイ・オー・データのNAS 「LAN DISK」のチャレンジャーモデル。
商品名としては「LAN TANK」というもので「LAN DISK」のキットモデル。
同じようなものが、BUFFAROのNAS 「Link Stastion」のキット版、玄人志向から出している「玄箱」。こちらは結構有名だし、量販店にもおいている。
「akaDAV」は、この「白箱」のキットの中に添付されているものです。

「WebDAVとは何か」と書きたいのですが、私が書くよりアットマークにちゃんとした解説があるのでそれを見てください。

とにかく、NASといった単機能サーバを改良することで、他の機能であるけど安価で安定した単機能サーバを作ることがで来る。
また、そこで動くサーバソフトは国産である ということがすばらしいでは無いですか。

このブログを書いていて思ったのが、もう一つは「多機能化」
だって、ファイアウオール製品にはコンテンツフィルタにアンチウイルスにアンチスパイウエア、アンチスパム、IDS/IPS等盛りだくさんだし、3レイヤSWもいろいろな機能がつき、USBにも指紋認証やらPCロック機構が付き....
一つの製品に盛りだくさん。
そんなに載っけていいんですか。食べられませんよ

第3章 「強者どもは夢のあと」
さて、2つの会場を回って一休み。
そして、もらったパンフにノベルティの整理開始。
だいたいこういう展示会に来て、各ブースを見る場合にはいくつかのケースがあり、それぞれのケースによりパンフレットは整理される。

 第1のケース : 顔見せ
  これは、知り合いや取引先のブースを訪れるケース。
  元々、知り合いの営業マンや技術者がいることが多いので、顔を見せるのが目的となる。
  そこで、気になるものがあれば良いのだが、そうでなければそこでもらうパンフレットは整理対象。
  なぜなら、すでにもらっているか、もって帰ってもお荷物。
  もし必要になれば、新たに持って来てもらえばよい。

 第2のケース : 期待の商品
  このケースのパンフは必ず持ち帰り。
  元々、情報を仕入れたかったもの。必要としていた情報。
  だいたいこのケースの場合は、こちらから説明員を捕まえ、熱心に話を聞く。
  その代わり、期待はずれの場合は即、さよならね。

 第3のケース : 掘り出し物
  このケースでもパンフは持ち帰り。
  しかし、ごく希なケース。その理由は説明員の態度。
  掘り出し物の多くは、説明員が熱心かどうか。
  説明員が熱心な場合は、その入れ込みからいいものなのではと思ってしまう。

 第4のケース : またね
  ほとんどがこのケース。
  パンフは整理させて頂きます。
  だいたいは説明員が説明をする気がありません。
  熱心に説明しようとするのですが、ほしくないので引き留めないで。

 第5のケース : 素通り
  これもほとんどのケース
  素通りします。

以上、だいたい5つのケースに分けられる
そして、整理されたものはゴミ箱へ。
ゴミ箱はそんな資料の山となっています。

そろそろ説明の仕方変わりませんかねぇ。

たとえば、まだ実現はしていないけど、Sonyの「Librere」のA4カラー版のような電子Bookを入口で貸し出し、出口で回収する。
カタログ等はあらかじめその電子Bookにダウンロードしておく
各展示パネルにQRコードやRFIDタグをつけておき、来場者がその前を通ったり、QRコードを読み込んだりしたときに、カタログが開く。
もし、そのカタログを持ち帰りたいならば、電子BookからSDカードやUSBメモリにダウンロードできるようにしておく。
また、紙でほしい人がいれば、出口付近にKinkosのようなビジネスコンビニを配置しておき、印刷および配送するサービスを行えばよい。

そうすれば、会場内のごみ箱がいっぱいになることはないし、来場者だって重い荷物を持ち帰らなくても済む。

ただし、これはA4カラーの電子Bookがあり、貸し出せる状況であることが前提。
もう少し未来の話だね。

続きを読む

(23:16)

2006年02月01日

mixiチェック

MP800 本日(1/31)、BeLiveに新しいツールが加わりました。

 Canon MP800です。

 以前から、名刺やカタログの整理を行う上でスキャナーがほしかったんです。
 またプリンタも5年以上も前に買ったHP 895Cxiもだいぶガタが来ていたので、そろそろもっといいのがほしかったんです。

 895Cxiの他に、もう一台、CanonのA4プリンタを知人からいただいたのですがドライバを捜すのが面倒で、ずっと895Cxiを使って来ました。
 HPのインクカートリッジは長持ちするのですが、その分単価が高い。
 また、東京と名古屋の間を往復させてきたこともあり、常に紙がずれるようになってしまいました。

 で、昨年から購入を検討していたのが、このMP800
 何度もビックカメラに通い、カカクコムとにらめっこすること3ヶ月。
 結局、PC Successから3万円で購入しました。
 店によっては4万近くするので、今のところ最も安く買えたと思っています。

 さて、使用感ですが 望んでいたものが実現できて満足です。今のところは
 まず、プリントアウトは895Cxiに比べるとめちゃ速です。
 ただ音はそれほど静かではありません。895Cxiとそれほど違いは無いです。
 現状、普通紙で印刷しているのですが、どうも紙によってはインクのノリ、特に顔料のはずの黒のノリがよくありません。
 895Cxiは全色顔料だったので普通紙でのノリは結構よかったです。
 MP800は、YMCは染料、黒は染料と顔料の両方があります。
 黒の染料と顔料の切り替えがよくわからないためなのかもしれませんがノリが悪いです。(ファミマで買った普通紙に問題があるのかも、KOKUYOの名刺用紙はきれいにインクは乗っていた)
 あと、自動両面印刷ができることになっているのですが、うまくできませんでした。
 それとカセット給紙とシートフィーダの間で利用範囲に違いがあったり、シートフィーダの用紙ガイドが堅かったり、とアラはたくさんありますが、おおむねOKです。

 スキャナーも便利です。
 セッティング中に気がついたんですが、フィルムなどの透過原稿にも対応しているんです。
 原稿台カバーの裏にフィルムガイドと照明が仕込んであったんです。
 すごい。

 SDカードも試してみました。
 直接印刷便利です。
 ただ、液晶モニタで確認する際に縦横がいまいち。
 でも、PCからもカードリーダとして使えたので、今持っているカードリーダは外回り用にして、中ではこれを使おうと思っています。
 携帯からの赤外線通信もバッチリ。

 最初の使い心地としては満足です。
 しかし、同時に注文したNet Hawk EP100がまだ来ません。
 あれがあると、LAN経由で印刷できるだけでなく、ネットスキャナーもカードリーダの共有もできます。
 今、このブログを書いているPCとMP800は別の部屋にあります。
 今日は外回り用のリブレットを直結して試しました。
 近日中にEP100も届くと思いますので、EP100を使っての使用感についてはまた後日、報告します。

 

続きを読む

(01:40)

2006年01月31日

mixiチェック

タイトルがありがちです。

feedpath今日(1/30)、水道橋のサイボウズ本社にて「Feedpath」の説明会へ行ってきました。

そして、これがその「Feedpath」
いわば、RSSリーダなんですが、サイボウズとしての仕掛けがあるそうです。

昔の名前だと「cybozu.net」なのですが、cybozu.net自体は別のものに変わってしまったので、これからは「ふぃーどぱす」と言うそうです。
とりあえず、昔の名前を「アルファ」としておきましょう。

Feedpathは、アルファに比べると洗練されています。
まず、押しつけがない。
アルファは、親切にもデフォルトのフィードがやたらついていました。
ただ、いきなりたくさんのフィードを見るのは辛いもの。
自分のお気に入りのニュースフィードからはじめたかったんです。

その点、Feedpathの最初はなにも無し。
これがいいですね。
何でも無垢がいい。

タグ付け機能よいと思います。
「ちょっと気になるもの」にシルシをつけるのはGoodです。

アルファは、招待制であったのが、今回は登録制に変わりました。
そうなった場合、困ったことが...
このFeedpath、使ってよかったらどうやって布教活動をしたらよいんでしょう。
アルファの招待機能は残しておいてもよかったのではないかと思います。

それとやたら固まる。というより、あれはJavaScriptの無限ループ状態って感じに陥ります。
そういえば、右上のところに小さく
ベータ
と書いてありました。
まぁ、ブログ等を書いている最中に止まらない限りは許せるのですが(-_-メ)

欲を言えば、仲間同士でのフィード情報の共有やタグの共有、分類のネストができるといいなぁと思いましたが、徐々にできてくるのでしょうから期待して見守ることにします。

あと、一緒に紹介されていたFeedBurnerもはじめてみました。
どうしたら、カウンタが増えるのかわかりません。
ただ「最適化」などは、はっきり言って大きなお世話機能です。

続きを読む

(01:25)

2006年01月29日

mixiチェック

本日、市商工会議所主催のセミナーへ行ってきました。
タイトルは
「新会社法への実務的対応について」

結論から言うと、(新)会社法について勉強にはなりましたが、知りたかったことが無かった。
質問してもよかったのですが、5分で解決できるとは思えなかったので控えました。

さて、(新)会社法そのものについては、All Aboutでも見ていただければ、その方が勉強になります。
今回は、セミナーから得たポイントだけ。

1.一言では難しいのが(新)会社法
  (新)会社法だけで千条ほど、整備法で800条、省令まで含めたら...
  専門家でもまだ全部は把握できず、しかも省令はこれからとのこと
  先日、別のパーティでも聞いてはいたのだが、施行が連休明け頃ではないかとのこと。あくまでも予定だそうです。

2.「なにをすればいいのか」は、すでに会社としているかどうかで違うとのこと
  現在、大企業以外の株式と有限会社については、継続ならばほとんど変更しなくてもよいが、この際だから定款を見直しなさいって。
  それと連休前に取締役会を開いて、いつ総会を開くかだけは決めておけとのこと。

じゃあ、新たに会社を興したいと考えているものは
「十分、勉強してください」
とのことでした。(そのために、セミナー出たのに)

再度、別のセミナーに出て勉強したいと思います。

続きを読む

(00:38)

2006年01月20日

mixiチェック

最近、一日出ていることが多くなりました。
挨拶まわりやら、納品やら、役所やら

ところが本日は、情報収集がメインです。
このBeLive、情報収集や勉強がチカラになります。

ということで、まずは東京国際フォーラムへ、ベンチャーフェアJAPAN2006に行ってきました。
前の会社に勤めていたときには、すぐに名刺を差し出したのですが、今回は出し渋ってしまいました。
入場登録にまさか「無職」とはかけないので、「サービス業」と書いてしまったけどまあいいか。
結構、おもしろい製品やサービスがあり、一生懸命説明するところもあれば、誰もいないところも(オイオイ、売る気あるのかい)
環境や建設関係も興味があるのですが、それはちょっと\(^_\)ソレハ(/_^)/コッチニオイトイテ、気になったものをピックアップ

  1. 「ガラスにスプレーガン塗装で透明断熱コーティング、CO2削減だ」
     (株)フミン
    《感想》
    信大の恩師から、「エネルギーのコンサルはどうだ?」と暮れに言われた。
    しかし、エネルギーは難しいと思っていたが、これはヒントになるかも
  2. 「小さな会社にも活用できるバランス・スコアカードの創り方」
     営業創造(株)
    《感想》
    これ、たぶん私のビジネスに必要となると思う。
    バランス・スコアカード(BSC)のことを知っている人だとわかると思うけど、BSCが企業戦略を作る手法の一つで、戦略を作ると同時に評価を考慮している。
    しかし、多種多様な戦略や評価に対応できる反面、取っつきにくい。
    有名なコックピットマネージャがある。これはこれで良いのだが、BSCを本当に理解した人でないとわからない。
    それに対して「戦略創造」はわかりやすかった。値段もlight版なら3万円だということで導入しやすい。
    現在、購入検討中

そのほかにも興味を引くのはあったが、特に気に掛かったのが上記の二つ。

本当はもっとじっくり見ていたかったのだが、代々木上原に14時までに届けなければならないものがあったので、その場を後にした。

今日はもう一つ、ドリームゲート主催のセミナーを申し込んでいたんです。

「〜パーソナルブランドを創ろう〜あなたの「強み」を引き出すコーチングセミナー」

場所は今、話題の六本木ヒルズタワーの49階(アカデミーヒルズというらしい)
しかも19時〜21時という時間で、3000円

実はコンサルティングをはじめるに当たり、ビジネスコーチングを取り入れようと考えていた。そこで今回のセミナーを受けたのだが...
講師はかわいかったし、内容はわかりやすかったけど...
もうパーソナルブランド、作ってあったのよね。
特にキャッチフレーズは名刺にも書き込んであるし。
というわけで内容的には、「コーチングを教える」ではなく「コーチングします」であった。

しかし、「コーチングをしてもらい、パーソナルブランドを作る」と上に出てきた「BSCを作る」は基本的な方法は同じで、前者はブランドを作るところまで、後者は戦略を作った後、評価するところまでの違いのようだ。
だったらBSCをセミナーしてほしかった。

まあ、退屈はしなかったし、ヒルズには行ったと言うことだけでも、まあいいか。
しかし、ヒルズって揺れますね。まあ超高層は柔構造じゃなきゃならないからしょうがないけど、六本木ヒルズタワーは好きになれない。
だから、私がヒルズ族になることを期待している方々。絶対ないから。
(エッ! 誰も期待していないって)

さあ、こうやって収集した素材(情報)をどう調理するかな。

続きを読む

(01:16)

2006年01月05日

mixiチェック

本日(1/5)、関東に戻りました。

さて、ご報告ですがレンタルサーバのCPI様と「ビジネスパートナー」の契約が取れました。

これにより、レンタルサーバーの契約を含め、サイトの運営全般をお任せ頂けることになりました。

「自社の名前をアピールできるようなメールアドレスにしたいなあ」とか
「会社のホームページを開きたいなあ。できれば自社ドメインで」とか
「ホームページを開きたいけど、管理は面倒だから誰か信頼できる人にたのみたいな」とか

そういったご相談がありましたら、BeLiveまでご相談下さい。
お力になります。

続きを読む

(07:00)

2006年01月01日

mixiチェック

あけましておめでとうございます

このブログを見て頂いた方々には、旧年中何かとお世話になりました。
今年はいよいよ「BeLive 元年」です。
一人前のシステムコンサルタントとなるよう努力精進してゆきますので、皆様からのより厚いご支援ご指導のほど、よろしくお願い致します。

2006年 元旦

近藤 雅昭

続きを読む

(00:01)

2005年12月30日

mixiチェック

現在、実家の近くのホテルからこのブログを書いている。
もちろん、このホテルに宿泊している訳ではない。

先日「仕事中?」で紹介したマンガ喫茶に行ってもよいのだが、ただというわけではないことと、車でなければいけないこと、そして年末年始は休みであることから、FreeMobileをおいているこのホテルにネットを借りに来た。

セキュリティは甘めであるが、48Mbps出しているので、結構快適である。
ただし、ホテルのロビーを借りているので形見が狭いのが難点だ。

続きを読む

(17:01)

2005年12月26日

mixiチェック

今、実家近くの「山ん馬」というマンガ喫茶にて、仕事中。

ある会社から頼まれたデータを昨晩までに作成し、マンガ喫茶からデータを送っている。
実家に早くADSLを引いておけばよかったのだが、退職前にやっておかなければならないこと、やっておきたかったことをいろいろとしていたら、実家に帰る時期までに間に合わなかった。

でも、ある意味ここで仕事をするのもまんざら悪くはないかもしれない。
要は場所ではなく、仕事に対するやる気だね。

続きを読む

(10:54)

2005年12月23日

mixiチェック

花束17年間勤めてきた会社を昨日、退職しました。

最後にお世話になった方々に挨拶にまわり、寂しさはありましたが「がんばれよ」と元気づけられました。

前回の一期一会じゃありませんが、この17年間でお世話になった方々に感謝しつつ、新しいステージに移りたいと思います。

 

新しいステージとは...

BeLive

そうこれです。
年内はちょっと休養を頂いて、新年からいよいよ新章がスタートします。
ご期待下さい。

続きを読む

(10:06)

2005年12月18日

mixiチェック

お待たせしております。
BeLiveのホームページ、このブログに飛んでくるだけのペラでした。

このたび、Xoopsを利用してホームページを作成中です。
Xoopsを使う理由は、

  1. ページ管理が簡単であること。
  2. ユーザ管理が可能なこと
    => お得意様のページを用意できる。
  3. テーマがいっぱい選べる。作れる。
  4. セキュリティ対策が考えられている(?)
  5. PHPで拡張できる。(この辺が得意かも)

まだヘッダがxoopsのままなので、早くBeLiveに変更しなければなりませんので公開まで少々お時間を頂きまして少しお待ちください。

なお、ユーザ登録はゲストからはできません。
BeLive側で登録します。
ご興味がある方は、コメントを残して頂くか メールを下さい。

 

続きを読む

(11:08)

2005年12月12日

mixiチェック

ちょっと臨時収入があったので、BeLiveのために先行投資することにした。

先輩の猫砂を購入するついでに、ICレコーダを買いに出かけた。
(どちらがついでだか...)

目的としているICレコーダは、OLYMPUS Voice Trek(V-50)

V-50 箱最初 ICレコーダを買うならSANYOを考えていたのだが、調べてみると結構高価。
数日前、Bicピーカンなどで、実機を確認したところ良さそうなのだが、やはり値段が...
その隣にOLYMPUSのVoice Trekが置いてあった。
店員に聞いてみると、こちらの方が売れ筋とか。

帰って"価格.com"で調べても人気はVoice Trekのほうであった。
なお、"価格.com"調べだと、最低市場価格は24,950円ほど

ここでJoshinからDMが届いていたことを思い出し、見たところポイント会員価格で25,000円ジャストでしかもポイントもつくとあった。
そこで本日急遽購入に向かう。

はじめに近くのJoshinのアウトレットの店に行っていくら探してもない。
店員に「Voice Trekどこですか?」と尋ねると、「当店ではICレコーダを扱っていません。またお客様の持っているチラシは当店では...近くですと金町店でなら」とのこと。
どうやらJoshinには通常店舗とアウトレット店で、扱いがだいぶ違うようだ。

それではということで、Joshin金町店へ向かう。
しかし、ICレコーダ売り場にVoice Trekはない。
店員に尋ねると奥から出してきた。USBメモリ

同じDMにクーポンも入っていたので先輩と共同購入ということでハギワラ製の512MBのUSBメモリ2本セットと一緒に購入することにした。(2人でわけると3,500円なのでお得かも)

 

さて、本体は写真の通り、実物は結構薄くて小さい。
サイズ的にはiPod nanoぐらいだと思う(比較がおかしい)

V-50-1
今回購入した「V-50」は、容量が1GBなのがうれしい。
(付属品は下位機種「V-40」より多いが、それはあまり...)
PCにつなぐ際、別途ケーブルを用意することなく直接つなぐことができ、USBメモリとしても使うことができる。
SANYOかOLYMPUSかを悩んだ理由はここで、別途PCに接続するケーブルを持ち歩くのがいやだったから。

V-50-2
ところで、仕様にも書いていないのだがUSBはどうやら1.1らしい。
2.0であったほしかったのだが...

付属品を付けた感じは

V-50-3こんな感じ。
ケースがついているのはうれしい。
マイクは元々、別に持っていたのであまり...
ちなみに別途マイクを付けるのと付けないのとでは、やはり音が違うようだ。

 

機能についてはこれから調べて行きたいと思う。
またのレポートを期待してもらいたい。
(と、先日Vodafon V603SHで同様の結びを書いておきながら、レポートしていなくてすみません。ちなみに写真はV603SHで撮ったものです)



(02:14)

2005年12月07日

mixiチェック

コメント欄で、tobyさんと熊取さんのもの以外のコメント。
どうもまともなコメントに思えないのです。

なぜならコメントの内容が、エントリーの内容とあっていない。
それにリンク先が「casino」とか「poker」とか
それからそれから、最近は日本語なんだけどなぜか発信者名は英語。
そんなに日本語がうまい英語圏の方が私のブログに感銘してくださるなんて、恐悦至極というよりも、怖いです。

できれば、先の「casino」とか「poker」とかつく先の方々。もっとつっこんだコメントやトラックバックをください。

続きを読む

(02:35)

2005年12月05日

mixiチェック

横についている来訪者数の数を見てびっくり。
ここのところ、さぼっていたので常に0だったのが、なんと97人

となるとこれしかないですね。
ログチェック!!

さて時系列で見ると夕べの19時までは1〜3アクセス
それが20時になると20アクセスになり
23時には97アクセス。
その勢いは今日も、0時と8時を頂きにアクセスが続いています。

リファラで見ると1位は下記で昨日が77で、今日が168アクセス。
どうやら前回のcybozu.nite 1.0のレポート同様、Yahooのフィナンシャルから来ているみたいだ。

http://messages.yahoo.co.jp/bbs?.mm=FN&action=m&board=1004776&tid=4776&sid=1004776&mid=19696

ということは、このブログがサイボウズを動かしている一因になっているわけ?
なんか怖いよー
あとはmixiからなんだけど、それほどでもない。

Yahooのフィナンシャルの掲示板にはたった一言しか載っていないのに、今日のサイボウズの株価は+65だって
昨日そんなすばらしいこと書いたかなあ?
なんだか本当に薄ら寒いよー

さて、実はBeLiveの仕事の関係で今日サイボウズさんを訪問しました。
「京都」で打ち合わせ。内容は企業秘密です。
しかし、聞いてはいましたけどサイボウズさんの会議室は楽しいですね。
「松山」とかも行ってみたいな。いっそラクーアから温泉わけてもらって「道後」なんていうのはどうです?

 



(23:22)

2005年12月04日

mixiチェック

12月2日 cybozu.nite 2.0に行ってきました。
今回は、「もっと!サイボウズ〜Users コミュニティ〜」つながりというか、「cybozu.net」 つながりというか、とにかくサイボウズを介して知り合ったtobyさんと渋谷で待ち合わせをして行ってきました。

前回に比べて、会場も少々広めで、前回は1階と2階で会場が分断されていて上下でやっていることが違ったりしていたのですが、今回はロフトがありましたが会場としては一つでまとまりがありましたね。
会場は満員。
しかし、cybozu.niteも1.0から2.0。リビジョンやマイナーチェンジではなく、メジャーバージョンが変わったことからもわかるように趣向は同じでも、何処か違っているように思えました。

tobyさんのブログにもあるように前回は、ダーツ大会だったものがビンゴ大会に変わっていました。そして私は下記の本が当たりました。
これは何かの啓示でしょうか。

落としたビンゴカードを探してくださったtobyさん。そして再度ビンゴカードを持ってきて頂いた山田CHOに感謝。

cybozu.niteはcybozu.netのバージョンがあがるだけでなく、私のレベルアップやアビリティアップをしてくれるボーナスステージのようです。
サイボウズの青野CEO、山田CHO、村松さん、cybozu.netの小川さんは私を覚えていただき光栄ですし、cybozu.netの宇佐見CEOをはじめいろいろ方々と面識を持つことができました。うれしい限りです。
これからいろいろなところでお世話になるかもしれませんがよろしくお願いします。

さてcybozu.netについては、現状ちょっと不満がありました。
まだアルファなのでしょうがないとは思うのですが、もう少し使い勝手が....と思っていたら、cybozu.netは今のサイボウズOfficeやガルーンから接続するビジネス情報サイト(旧 サイボウズNet)であり、今アルファのcybozu.netは「FeedPath. プロジェクト」として新たなステージへと変貌するようです。
そのためにサイボウズとcyberAgentが組み、新しい会社「cybozu.net」と生まれ変わったとのことです。
そして、その「FeedPath」は、....おっと、これ以上はcybozu.netさんの公開を待ちましょう。
しかし、FeedPathのベータはほぼできつつあるようです。
デモされていました(しかし、会場の画面はボケていてよくわからなかった。資料には1頁画面がついているけど)
今のアルファとは、思いっきり変わるようです。
すごく期待しています。来年2月かァ。

以上、cybozu.niteの夜でした。
お土産の一覧はtobyさんのブログに書かれているのですが、その中で1つだけ ちょうどほしかったものがありましたので紹介します。

サイボウズ卓上スケジューラ(2006年版)小さくてすみません。
写真に写っていませんが、最初にログインしないといけないようです(^。^)

 

最後に、tobyさん。今回はいろいろお世話になりました。
一番の収穫はtobyさんに会えたことかもしれません。
(tobyさんは、山田CHOにあえて感激していましたね)
mixiも招待して頂き、はまっています。
すでに足跡が40人を超えました。ありがとうございます。

それから、サイボウズさん。明日(12/5)、仕事の関係でサイボウズさんを訪れることになりましたので、よろしくお願いします。



(10:19)

2005年11月28日

mixiチェック

先ほどのサーバの不調は治まったようだ。

さて、業務経歴を書くことになっていた。
しかしブログで業務経歴も無粋だから、とりあえず自分の大学卒業時点から簡単に追っていってみようと思う。

信濃の国にある某国立大学の工学部建築工学科に入学し、建築工学科に進む。
 現在では、建築から徐々に離れてしまっているが、当時は「建築家」を目指していた。

大学の卒業は、卒業製図と卒業論文の両方を必要とした。
卒業製図には、その都市のシンボルといえる駅舎およびその周辺を題材にした。
しかし、今から考えるとプレゼンに懲りすぎた上に、規模や機能がありすぎて無謀だったように思う。結果はさんざん。
卒業論文は研究室の仲間達と「融雪」をテーマに実験/観察した結果を論文にした。代々受け継がれたテーマであった(といっても新設学科だったので、先輩と我々の2代でそれは終わったのだが)。
その研究の中には豪雪地域に融雪装置を設置し、そこで泊まり込みで実験のデータを取るなどのことを行っていた。
先生がコンピュータなどにも精通していたこともあり、実験データは当時主流のPC-9801で記録、解析を行った。
そのころ、熱電対がどうの、データロガーがどうのとデジタルな内容がある反面、「融けた雪は、ドラム缶にためてその量を物差しで測る。そしてドラム缶の水を捨てる」を朝の6時から1時間ごとに単純な作業を繰り返すアナログなことをしていた。

解析するプログラムは、先輩の作ったBASICを基に自分なりに修正を行い、よりグラフィカルな物にしようとした覚えがある。
しかし、今にして思えばそのプログラムもちんけなものだったような気がする。

と、書き出したらつきないので今日は大学卒業時点まで

 



(02:44)

2005年11月27日

mixiチェック

ブログを書こうと思い、アクセスしたけれど現在サーバが不調です。
この記事も投稿されるのか心配です。



(23:54)

2005年11月20日

mixiチェック

本日はもう一つ。

このブログにもアフリエイトを付けている。
しかし、ご存じの通りここ1ヶ月ほど更新していないので、見てくれる人もあまりいない。

また付けているアフリエイトは、成果報酬物なのでなかなかものにはならない。
(しかも、儲かりそうでも自分の心情に合わないものは付けたくはない)

それでも、アフリエイトは付けたい。
それはいずれ自分を助けてくれるものと信じている。

ところで以前「自動車保険」というタイトルで記事を書いた。
その結果をここでお伝えしよう。

まず、見積もりについて
見積もりを取るサイトを2つに絞った
一つは、いつも使っている価格.com

もう一つはBang!

そして、結果「自動車保険 bang!」で見積もりを取った。
今まで、勤めていた会社の保険サービスを使っていたが、代理店経由だと高くつくものだと言うことがよくわかった。
しかし、見積もりを数社から取ったはいいが、どこを選ぶかは自分のすること。

結果はチューリッヒを選んだ。
なぜチューリッヒを選んだのか。それはまず前回の保険内容とほぼ同様の内容になること。
そして、顧客満足度調査の結果。
必ずしもそれが正しいものだとは限らない。
しかし、それに頼ることにした。

あとは事故を起こさないこと。それが最も得をする方法。やはり保険は保険のままにすべきである。

さて、次に検討すべきは証券会社。
今まである大手證券にお願いしていたが、今回変えてみようと考えている
それが今年初めにホワイトナイトで有名になったところ

さて、ここは私の希望に答えてくれるだろうか。

ところで、上記は結局、常設のアフリエイトにしていない。



(22:28)
mixiチェック

そろそろBeLiveについて、どのような方向で進めてゆくか決めてゆかなければならない。

ここのところ、それをずっと考えていた。
そして、このブログをどのような物にするのか...

今考えているコンセプトは
「あなたの業務をデザインします」
ということ。

その前に、私が何をできるのか整理しておく必要があるとは思っている。

今、持っている資格は何か
 普通自動車免許(ほとんど当たり前)
 二種情報処理技術者(現 基本情報処理技術者)
 情報処理技術者:テクニカルエンジニア(システム管理)

今、挑戦中のものが
 情報処理技術者:システムアナリスト

では、業務経歴は...次回。



(22:11)

2005年10月24日

mixiチェック

先ほどから、コメントスパムにおそわれている。

ここ1時間だけで10件以上のコメントがついた。
しかし、送られてくる内容はすべて英語で内容もエントリーとはほど遠いもの。
明らかにBeLiveに対するコメントではない。

調べてみると、名前やURL、内容は異なっているが差出人の使っているIPアドレスにパターンがある。

219.93.174.100
219.93.174.106
209.123.8.173
148.244.150.57
148.244.150.58

うち、上2つ、下2つはクラスCまで同じで最後がちょっとだけ異なっている。
明らかに同じところ、あるいは同じ者からのコメントであることはわかる。

このコメントスパムを退治する方法をご存じないか。

一応、パターンに応じた対策は取ったが、まだ2通ほど送られてきている。

困った者だ。



(01:35)

2005年10月21日

mixiチェック

先日、システムアナリストの試験を受けてきました。
カギになるのは午前試験ですが、いくつか過去問がそのまま出題されていました。できたかどうかは別として

午後IIの試験の最中、地震がありました。ちょうど「災害時の対策を...」と書いているところでグラグラッと

最近、地震が多いですね。ニュースによると20年周期の群発地震だそうです。

さて、試験も終わりましたのでそろそろ本腰でBeLiveをどうするか考えなければなりません。
まずはBeLiveをどのような会社にしたいかはっきりさせなければなりません。

11月は、BeLiveの事業計画やHPの作成、今の会社での仕事の整理と大忙しです。
最近、エントリーをさぼりがちですが、がんばって更新して行きます。



(07:12)

2005年10月07日

mixiチェック

サイボウズ社の社内ブログに
社内ブログ普及は「ツール」より「スキル」「文化」がカギ
という記事がありました。

でも、私は思うのです。「社内ブログの普及のカギは『目的』」だと。
一般のブログは、ブログの生い立ちが示すように雑記、雑感でかまわないと思います。
元々が開発者が開発中の記録を残しておくことから始まったもの。
特に目的を持たなくても取り立てて困らないし、堅苦しくいろいろなことを決めてしまったら、書く気を失ってしまいます。
しかし、一般のブログ(個人はもちろん会社の顔となるブログも含む)はこれで無問題。

では、社内ブログもこれでよいのか?
社内ブログの場合は、これでは役に立たないと思います。
もちろん、社員個々が単に記録を残すものでしかない場合、雑記/雑感が残るだけで後ほど利用しようとすると使いづらいものになっているのではないでしょうか。

私は次のように考えます。

  1. 社内ブログは日誌である。
  2. 社内ブログは伝言板である。
  3. 社内ブログは備忘録である。
  4. 社内ブログはエキスパートシステムである。
  5. 社内ブログはナレッジデータベースである。
  6. 社内ブログは議事録である。
  7. 社にブログは評価シートである。

これらはすべて「利用目的」が先に存在する。
確かにブログは「ツール」であり、使いこなす「スキル」が必要ではある。
しかし、そこに目的がなければブログでなくても、グループウエアの掲示板やメーリングリストとの区別はない。

そこには「情報の共有」「情報の伝達」「情報の再確認」「知識の再利用」といった目的が存在する。
この目的こそがあるからこそ、おじさん達も必要に迫られて、閲覧し投稿をするのである。
目的もなく、おじさん達が社内で日記を公開すると思いますか?

よく「文化」ということばが使われることがある。
でも「文化」は作るものではなく、創られるものである。

もし、あなたの会社で「社内ブログ」を始めたいならば、まずはどんな目的で記録を残し、公開しようとしているかを考えることをおすすめする。



(00:33)
mixiチェック

秋ですねえ。
ということで背景を変えてみました。

お久しぶりです。
最近、心情的なものがあってもう一つのブログ「MOOの世界」の方を更新していました。
そろそろ、BeLiveについても具体的に考えていきたいと思い、初心に戻りこちらのブログも再会していこうと思います。

さて、ちょっと離れている間に新しい機能が追加されています。
「読者」それと「お気に入り」
付けてみたのですが、今ひとつ使い方がわかりません。

どなたか「読者」になって!



(00:01)

2005年09月04日

mixiチェック

昨夜参加し、ブログアップしたcybozu.nite。
いろいろな方々にトラックバックを付けて頂き、うれしい限りです。
月刊「不動産業戦略 e-REVIEW」の浅見 編集長、ありがとうございます。
そして、サイボウズ 青野社長 ありがとうございます。まさか「3日ボウズ日記」とつながるとは。

さて、トラックバックもすごいのですが、驚いているのは実はこのブログのログ(?)
まずは時系列からみてください。

050903時系列小さくわかりにくいですが、もっとも多いのはAM11時〜12頃頃。
まあ、これは私も自分のページをチェックしていたので多いのはわかります。
しかし、問題はそのあとです。
食事も合って12時過ぎに外出。22時ぐらいまでパソコンにさわっていません。
その間にアクセスがあるではないですか。
驚きです。こんなどうしようもないブログにアクセスがあるのです。

では、もう一つをみてください。
実は、アクセスがあったことが驚きなのではなく、どこからアクセスされたかが実は問題なのです。

050903リファラ

こっちはもっと見えないですね。
すみません。

では解説します。
第5位 Google Searchで「cybozu.nite」と「V603SH ミュージック
なんと"cybozu nite"で検索すると確かにこの「びぃらいぶの記録」と「MOOの世界」が載っています。
しかしここより裏ブログ(別に内容は表なのだが)の「MOOの世界」の方が上なのはしゃくですね。

第4位 「Blog☆「不動産業戦略e-REVIEW」編集長 不動産ブログ日記
読者が多いことが伺われます。

第3位 「cybozu.netプロジェクトチーム公式Blog
cybozu.niteの主催サイト。ここが多いのはわかります。
私もトラックバックも多く付けていますから

第2位はここですので割愛して(ほとんど私でしょうから)

第1位は...なんと「Yahooファイナンス(掲示板) - サイボウズ
えぇ〜!!
なんで、ということでリンクをたどるとcybozu.niteの会場から携帯を使って送った内容をめざとく見つけてくれた方がリンクを張ってくれたみたいで、その掲示をみた人たちがここを訪れてくれたようです。
サイボウズの株価も上がり調子。そんなこんなにお役に立てればうれしい限りです。

さて、これは23時現在のお話。
今ちょうど9月4日の2時。草木も眠る丑三つ時。
ランキングは今のところ変わらず、1位は「Yahooファイナンス(掲示板) - サイボウズ」です。あれから3時間ほど経ちますが、アクセス数が10ポイントほどのびています。
そしてGoogleについでYahooサーチの「cybozu nite」からも
すごいですね。
ただこちらも「MOOの世界」からが上にありました。

このブログ。cybozu.niteのおかげで皆さんに知られるようになってきました。
ほんと、ブログってすごい。& みんなありがとう

続きを読む

(02:22)

2005年09月02日

mixiチェック

cybozu.nite

青野社長、小川さんの挨拶にはじまり、現在パネルディスカッションが始まりました
でもカフェでパネルは立っている人が可哀相です
でも盛況ですよ
めざせ日本のマイクロソフト、googleだって

続きを読む

(19:55)
mixiチェック

投稿するのはご無沙汰
毎日パソコンは起動しているのですが、ズクがないと言うか、夏風邪を引いたというか...8月末は家に帰ってくるとバテ気味で...サボってました。
(こんなんで大丈夫かなぁ)

でも夕べは9月に入ったことだし、気力を呼び起こして今夜に向けて名刺を作成。
で、こんなん作りました。

名刺意外とすっきりしているでしょ。
とりあえず、50枚用意したのですが、なにぶん家のプリンタは古いタイプなので、定着が悪く、少し汚れています。
差し上げる方々、どうかご容赦を


とりあえず会社ではないのですが、肩書きを「代表」とさせて頂きました。
「代表」って言っても、私しかいませんが...
まだ今勤めている会社に在籍しているので、当面はメールアドレスとURLだけです。
1月以降はちゃんと住所や電話番号も入れたいと思いますが、このあたりは現在悩むところで...

さて、この名刺と例のV603SHを持って、cybozu.niteに乗り込みます。
しっかり、懇親を深め、その模様をレポートしたいと思います。
だからtobyさん許してね。

また、今夜のcybozu.niteをきっかけとしたSNSをtomoakiさんが開いています

お昼休みが終わりました。上司に見つかる前に送信!!
(実は上司はお休み...)



(12:55)

2005年08月29日

mixiチェック

最近、cybozu.net&cybozu.niteから招待を受けた。

そこで、cybozu.netを使い始めたのだが...そこにもブログがある。
とりあえずそこのブログは「MOOの世界」としておいた。
実はこの名前、「BeLiveの記録」(「びぃらいぶの記録」の前の名前)の前に付けていたこのブログの名前。でも実際にはその名前でいたのはほんの30分だけ。
なぜなら、このブログはBeLiveのもので、私個人だけのブログではないから。
しかし、BeLiveには私 MOOも含まれている。(現状ではその部分が多い)

今後もメインはこの「びぃらいぶの記録」である。
今はlivedoorに間借りしているけど、いずれ間借りではなく、自サイト内で運用してみたい。
Six ApartのMovable Typeもいいが、最近見つけたアップルプルの「ablog」でもやってみたい。
(はなしが横にそれた)

ようはサイボウズから招待されたけど、実のところ書かなければならないブログが増えることは困る。
それでなくても、投稿が滞り気味だし、ホームページもまともにできていない。
(当面、転送させておくか)

とりあえず、この「びぃらいぶの記録」がメインです。
「MOOの世界」はあくまで「cybozu.net」の検証用に使います。



(00:41)

2005年08月13日

mixiチェック

前々からカテゴリ設定が変だと思っていました。
そこで、BeLiveのブログを初めて1週間経ったので、カテゴリを思い切って整理し直しました。

新 カテゴリ
お知らせ お気に入り 発見! ほか
BeLive 連絡や報告 提携や技術情報 FAQや方針 その他
MOO 近況 紀行や感想 感謝や心情
携帯 その他

こんな感じです。

まず誰の発言なのか(「BeLive」「MOO」など)を明確にしました。
なぜなら、このカテゴリをホームページの糧にしようと考えているからです。

また何を発言しているか(「お知らせ」「お気に入り」など)も明確にすることにしました。詳しくは上の表にヘルプチップを仕込んでありますのでそれを見てください。

ただし、携帯から送った場合だけは細かいカテゴリが付けられませんので、とりあえず「携帯」として送り、あとで編集することにします。

しかし、カテゴリを付け直す度に再構築が掛かってしまいました。
今回のようなカテゴリの整理はなるべくしないようにします。



(02:59)

2005年08月11日

mixiチェック

ここのところ、書くことがとってもネガティブ。
こんな状況では、「BeLive」という名前が泣いてしまいます。

もっとポジティブに
第1弾として、スタイルを変更しました。
近日中に第2弾として、このブログを整理します。

そして、第3弾として...何もしていないホームページを始動します。
さあ、夏はこれからもっとポジティブに、アグレッシブに、ビィライブに

 



(09:11)

2005年08月07日

mixiチェック

ちょっと違うお話。

サイボウズが今月末、招待制のブログとRSS/Atomフィードのサービスをはじめると言うことで、前々から興味があり、cybozu.netのブログにコメントしたりとかしてました。

そして、cybozu.netのリリースパーティーがあると言うことで、早速申し込みました。
このブログをはじめる前に...

そうです。cybozu.netの方々 ごめんなさい。
このトラックバックでお詫びします。
申し込みの時、「ホームページまたはブログのURL」のところが必須だったので、とりあえず「http://www.belive.co.jp」で申し込みました。
でも、このURLのホームページは今のところありません。いつかは取りたいですが...
「co.jp」ドメインって、法人じゃなきゃとれないんですよね。
取るときに法人であることを証明しなければならないんです。
そんなこと、今まで私は何回もやっていたので知ってたはずなのに、こと自分のことになると疎いみたい。

また、「http://www.belive.jp/」というURLは存在はしているのですが...
構想はあります。belive.jpドメインを初めて1週間。もうそろそろ公開しなければならないのですが...お粗末です。

そんなこんなでずっと気が引けていたので、先ほど再度申し込みました。
前回の申し込みはなかったことにしてください。

前回、申し込んだ直後に気づいたのですがメールも自分のメアドで送られているのでどうにも返せずいました。

そこで、この記事をトラックバックして、前回の分を訂正させて頂きます。
本来のブログとトラックバックの使い方ではないのですが、cybozu.netの方々、ご了解頂きたいと思います。

近藤 雅昭



(01:24)

2005年08月03日

mixiチェック

cybozu.netで「RSS/Atomフィードで通知してほしいコト、募集しています。」って言う記事がありました。
通知してほしいことはたくさんありますが、前にcybozu.netでも書いたけど...今、私はvodafoneを使っています。

で、使っているのはJ-N51。次換えようと思っているのがV603SH。
そうです。3Gじゃないんです。
なんで3Gにしないかというと、「ステーション」がなくなるから。
「お天気アイコン」がなくなるから。

では、それとRSS/Atomフィードが関係するかと言うと「ステーション」って位置連動型配信サービス。つまり、位置連動型のRSS/Atomフィードがあれば「ステーション」のようなことができるってわけ。
だから3G携帯に位置通知機能付きRSSリーダがあれば、「ステーション」の機能は生かすことができ、且つ コンテンツ配信サービスも今以上におさかんになるはず。
特に3Gはパケット定額が当たり前になりつつあるから、この機能は受けるはず。

フルブラウザを付けることに躍起になっているメーカーさん。位置通知機能付きRSSリーダを付けている携帯を出してください。
そうすれば、3Gに換えるから。



(02:53)

2005年08月01日

mixiチェック
さてこのブログ、何をテーマにしましようか。ブログ関係の本を見ると「テーマを決めて」と書いてあることが多いけど、そんなことしてたら全然始められない。たからテーマは泳ぎながら(泳ぐのは好きだけど、走るのは嫌いだから)テーマを決めることにしたけど... 書きたいこと、知らせたいこと、やってみたいこといっぱいあるけど... なかなか決まんなくて悩みます。とりあえずは、近況報告を載せていきます。そのうち、アプリケーションやサービスなども載せていきたいなぁ

(13:13)

2005年07月31日

mixiチェック

タイトルをさっきまで「BeLiveの記録」としていたのを、ある方から「ひらがなにしたら」との助言があったので変えてしまいました。

確かにブログとしてはタイトルが堅すぎます。

でも実はタイトルを変えたの3回目。
最初は「MOOの世界」 - 自分のブログなのだからと思って付けたのですが、それでは内容が偏ってしまいます。
元々、BeLiveのためのブログですから、あまり偏るのはよくないのでやめました。

ところで事情を知らない方には、BeLiveが何か不審なものに思われるかもしれません。
今はBeLiveが何ものかは事情により伏せておきたいので、気になった方は長い目で見ていてください。

 



(22:08)
mixiチェック

BeLiveはじめまして、BeLiveです。
といっても、個人の名前ではなく...これから私の新しい世界の名前です。
ビーライブ」と呼んでください。


 

私は、このBeLiveを代表します 近藤 と言います。
MOO(ムー)と呼んでください。

これからBeLiveについてお話ししたり、私 MOOの感じたことなど、いろいろと乗せていきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

beliveは

be live = 人生を送る
be live=生き生きと
belive=活動的に
believe=信頼する

といった気持ちでつけました。

なお、「BeLiveは一体、何?」といったことについては...いずれ明らかにさせて頂きます。

ご愛顧のほど、よろしくお願いします。

 



(01:26)