2015年10月28日

mixiチェック
あすまる では 今まで トレンドマイクロの「ウィルスバスター」を2セット、「ウィルスバスター モバイル」を2セット導入していた。
会社の決算に合わせて 10月末更新で契約していたのだが、あすまるのPCが3台 BeLiveのPCが1台、Macが1台、iPhoneが4sを含め2台、旧型だがiPadが2台、壊れたNexus5が1台、そして先日機種変更したガラホが1台。
ここまでくると「ウィルスバスター」が3台までOKだから 2セットで6台管理できてもチョットギリギリ。
今後 第4世代Apple TVやスティックPC、Android スティックなどの導入を考えると確実に管理スペックオーバー。割引があっても管理、コストともに問題あり。

どちらにしても更新時期なのでトレンドマイクロのホームページを見ていたら 「OKAERI」という言葉が…なんだ?
image

どうやら「ウィルスバスター」+「ジュエリーボックス」(トレンドマイクロのデジタルフォトアルバム?)らしい。
しかも「ウィルスバスター」+「パスワードマネージャー」+「システムチューナー」をPC/Mac/iOS/Android問わず 無制限に管理できるらしい。
しかも支払いは毎月のクレジット払いになるが「ウィルスバスター」のライセンスの残分を充当できるらしいので、すでに払ってしまっている「ウィルスバスター」が無駄にならない。
これは導入するしかない。
image


機能を並べると以下のようだ

  1. ウイルス/スパイウェア対策

  2. ネットワーク対策策

  3. 個人情報保護策

  4. ペアレンタルコントロール策

  5. スパム対策策

  6. パスワードセキュリティ策

  7. パスワード管理機能策

  8. 盗難/紛失対策策

  9. 写真バックアップ策

  10. デバイス最適化策

  11. レポート策



これだけ多機能が 税込 1,058円/月
「ウィルスバスター 1年」が税込 5,380円、 「ウィルスバスター モバイル」が税込 3,065円。
とすると ウチの場合、税込 24,861円になる。
とすると… コストダウンできる!

実際に導入してみてどうだろう。
設定は簡単だった。
送られてきた「ジュエリーボックス」をHDMIでテレビとLAN(有線)につなげて電源を入れて初期化するだけ。もちろん無線LANでもOK。
あとはPCとMacは指定のURLで、iOSとAndroidはQRコードからアプリをダウンロードしてインストールするだけ。ウィルスバスターがすでに入っていてもアンインストールはするけど、書き換えるからOK。
image

面倒くさいのは、対象機器 一つづつ インストールする必要がある点。
新規導入はこれくらい。

しかし 面倒なのは ライセンスの付け替え。
メールで付け替え要求を出し、現状の登録番号とOKAERIのシリアル番号登録を教えるなど手続きが必要。
それでもちゃんと対応してくれるので 煩雑ではあるが 残分の金銭的猶予はありがたい。
ウチの場合、1年以上のライセンス残があったので 今月の請求のあとは1年後からの請求になる。

使用感は単体の「ウィルスバスター クラウド」と変わらない。
むしろ WEB脅威対策はキツイかも。
「パスワードマネージャー」はデータ共有するようだ。
「ジュエリーボックス」自体はまだ使っていない。
いいかも。PCで「さぶみっと」サイトが完全にブロックされる件を除けば。
(なぜか FirefoxでもChromeでも「さぶみっと」サイトだけブロックされる)

まだ使い始めて1ヶ月。
使っていない機能もあるので - 機能ありすぎ - 他の機能も使ってみて 改めてレポートする。
しかし更新費用が抑えられるのはありがたい。


(08:00)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字