2014年02月04日

mixiチェック
画像1

先日、連写モードで撮っていたら直ぐに16GBのFlashAirがイッパイになってしまった。
それにファームウェアをアップデートしないとO.I.Shareと繋がらない。
そこで TOSHIBA Pocket Media のプレスリリースを見ていたら 32GBが昨年11月に出ていた。

そのプレスリリースを見ると魅力的な内容満載。
(16GBもファームウエアをアップデートすればいいのだが...)
そしてO.I.Shareとの接続も復帰しているようだ。

思い立ったら何とかで即行購入。
設定。

しかし...
新機能の「インターネット同時接続機能」を使うと...遅い!!
すごく...遅い。
しかも http://flashair/ そのものが遅い。
画像転送も遅い。
なのでこの機能を諦めたら、普通に使える速度に。
たぶんFlashAirの小さい頭で一生懸命 インターネットとの中継をしようと頑張っているのだけど。
いっぱいお仕事を頼まれたら熟せないのだろうなぁ。
FlashAirの小さい頭にいろんなことをさせるのは酷というもの。
FlashAirをポータブルNAS(例えばMeoBank)のWi-Fi クライアントモードのようにホームLANの一部として使えればいいのに。
なぜかカメラ関係の接続の多くは独自のSSIDでしか繋がらないものが多い。
もしかして「インターネット同時接続機能」って、一つのアンテナで両方やっているのかな?

それより取説にある「フォトシェア」機能がどうやっても設定できない。
Windowsの設定ツールも、iosアプリでも、http://flashair/ にもその設定が無い!!
なぜだろう?
ソフトウエア更新は16GBと8GBに対してだけのようなのに。

とりあえず容量アップしたし、O.I.Shareでも使えるようになったからいいか。
OM-D E-M10も欲しいなぁ。
E-M10にしたら(E-M1でもできるけど)、FlashAirなしにWi-fi転送できるようになるけどね。

画像1

話は変わるが、昨年(2013年)暮れの懇親会でデジタルカメラ IXY をもらった。
ちょうど母がデジカメを欲しがっていたので、設定だけすることにした。
当初 FlashAir 16GBと入替にベンチに戻ったFlashAir 8GB(Class 6) を使うつもりだった。
しかし、IXYには既にWi-fi転送の機能がある。
ならば別にFlashAirの必要は無い。
なのでSanDiskの16GB(Class4)にした。

ただ...母がWi-fi機能を使いこなせるのかは微妙である。


(20:13)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字