2009年11月22日

mixiチェック
〜 暦の終わり? 〜
マヤ文明の暦では、2012年何かが起きて、それ以降の暦がないとか
ちょうどやっている映画のようなことが起きるかもしれない。
しかし、とある研究者がもっともな結論に至った。
その鍵はなんとこの日本にあるとか

〜 予言の鏡? 〜
その研究者によると古代のマヤのシャーマンは、ある通信機器を使っていたというのだ。
その通信機器は、現代の我々が利用するものそっくりだという。
ただ、それは一方通行の通信しかできない。
通信と言うより、放送に近いものそうだ。
それは、暗がりでも明るくひかり、そして絵を映し出すという。
その予言の鏡は、いろいろなことを映し出してくれた。
歴史や政治、科学、そして娯楽も
とくにそこに映し出される娯楽の中でも、彼らを熱狂させたのがレスリングのようなモノだと言う。
そう、予言の鏡はテレビそっくりだ。

〜 終わりの真実? 〜
しかし、予言の鏡もあるときから、いきなり「砂の嵐」となったのではないかとその研究者は言う。
それが、暦の最後ではないかと
では、何が起きたのか
2012年...その前の年にもしかすると原因があるのでは...もしかして暦が1年半ずれていたからではないかと...
そう、ちょうど1年前に何が起きたのか

「地デジ化ですよ。2011年7月のアナログ放送の終了して、1年先までしか予定がわからなかったのではないでしょうか?」

なんと、アナログ放送の終了が2012年の真実なのか...しかし、なぜ日本の放送終了が

「地デジ化は日本だけではないでしょう。放送帯域確保のため、世界的にこの時期にアナログ放送が終了します。そのためではないのでしょうか」

「たぶん『予言の鏡』は現代のアナログ放送を映し出していたのでしょう。デジタル放送はさすがに偶然映し出すことはできませんからね」

確かにアナログはエンコード/デコードの必要がない。
昔、AM放送を聞きたくて適当な板、木片(角材)、銅線、安全ピン、ゼムクリップ、カミソリの刃、エンピツの芯などでラジオを作ったこともあった。
放送電波は地上だけでなく、微弱ではあるかもしれないが宇宙に拡散しているのかもしれない。
そこに重力レンズやワームホールによって、時空を越えたテレビ放送が、マヤの文明に影響を及ぼしたのではないか。
それが、かの研究者の結論である。

〜 チデジカの見る夢 〜
という、お話はいかがでしょうか?
この話は、あくまでフィクションです。

だから、地デジ化が本当にマヤ歴に影響したかはわかりません。
お話の中の研究者、私は知りません。

でも、もし本当だとしたら...
それはそれで面白いと思いませんか?
時空を越えたテレビ放送はもちろんだけど
マヤの暦が2012年の冬至で終わっていたとしても、それは地球の終わりではない。
だって、1999年のときも何もなかったのだから
それよりももっと夢を持ちましょうよ。
先のことが見えないならば、その先を目指しましょう。前向きに

〜 あとがき 〜
以前、mixi日記に「ショートショート」を書いていました。
ちょうど「ミクの方舟」みたいなことをやっていたから、久々に書いてみました。
これからたまに「ショートショート」を書きたいなぁと思っています。
昔書いた「ショートショート」の中にも面白いのがあれば載せていこうと思っています。
また次回をお楽しみに


(12:45)

この記事へのコメント

1. Posted by BlogPetのむータロー   2009年11月27日 15:05
きょうむータローが終了っぽい予定♪
2. Posted by MOO@あすまる   2009年12月07日 22:22
> きょうむータローが終了っぽい予定♪
オイオイ、終わっちゃうのかよ!

コメントする

名前
URL
 
  絵文字