2017年10月14日

mixiチェック

SSHDへの換装...完了するまで5回ほどしくじってしまいました。

しくじりは ディスククローンの失敗。
ここにどこでつまずいたか記録として残すことにします。


sshd3

今回、ディスククローンには 有名な 「EaseUS Partition Master Free」 の 最新版を利用した

HDDのクローン方法も、ノート100YEN.com の 「Let’ Note CF-SX2のHDDをSSDにコピーしてクローンを作成する」を参考にした。

クローン先のSSHDは、CENTURYのスライディング裸族 SATA6G HUBプラス(CSDRU3B6GH) を使用


 

何をしくじったか要約すると以下の通りである

  1. USBのポートを間違えた
  2. ディスクをGPT形式でフォーマットしてしまった
  3. 背景やロック画面にスライドショーが残っていた
  4. 電源管理のUSB設定に間違いがあった

などなど

1. USBのポートを間違えた

CF-SX2のUSBポートは3つある。
右にUSB2.0
左にUSB3.0 x 2

スライディング裸族 CSDRU3B6GH は、USB3.0に対応している。
なのに USB2.0のポートにつないでしまった。それが しくじり #1

 

2. ディスクをGPT形式でフォーマットしてしまった

実は 5回のしくじりのうち、ディスクの再フォーマットを繰り返す結果になったのが これである。

クローンを行う前に、windows10の「ディスクの管理」で フォーマットする必要がある。

標準では2TB以上のディスクをフォーマットする際、GPT形式でフォーマットすることを推奨している。
しかし、これが間違いであった。

もともとのディスクは MBR形式 である。
これをクローンするワケだから GPT形式だと齟齬が生じる。

クローン自体はできるのだが、ディスクを入れ替えて起動しても 起動できない。

BIOSで UEFI に設定しても変わりなく。
修復ディスクも使うがだめだった。

結局、新しいディスクを再フォーマットして クローンをやり直した

 

3. 背景やロック画面にスライドショーが残っていた

クローン自体も何度か失敗している。
その失敗の原因の一つがスライドショーの存在である。

クローンを行うためには 余分なアプリケーションが動くことが失敗の元である。

特にスクリーンセーバーなどは以ての外である。

それは分かっていた。
だから スクリーンセーバーは「(なし)」にし、タスクマネージャーでアンチウイルスソフトを含むクローンツール以外のアプリケーションを落とした。

それでも 失敗した。


設定-背景

原因は 背景 や ロック画面にスライドショー設定にしていたことにあった

背景 や ロック画面は 静止させておこう

 

4. 電源管理のUSB設定に間違いがあった

クローン中に「デバイスが応答しない」となることがある。

その原因は 電源管理にある

電源管理は なるべく 「高パフォーマンス」にする。
しかし これだけでは ダメで ハードディスクの電源管理やスリープ状態の設定はすべて外すべきである。

しかし もう一つ隠れているのが「USBのセレクティブ サスペンドの設定」なのである。


電源オプション

これが有効になっていると、USB接続のディスクが途中で認識できなくなる。

もちろん、ピークシフトなどのサービスも無効にしておく必要がある。

とにかく クローンにとって 電源管理は要注意だ。

 

今回の750GBから2TBへのクローニングには、3時間もあればできた。


diskclone

しかし 「USBのセレクティブ サスペンドの設定」 などの電源管理の設定をしくじって、30時間経ってもクローンが終わらずキャンセル。

背景やロック画面設定などでクローンが失敗。
GPT形式で起動しなくて再クローニングなどなど

一日でできる作業が4日ほど掛かってしまった。

次はこのしくじりを踏まえてディスク換装させよう
...次回は本当にあるのだろうか?



(12:00)

2017年10月09日

mixiチェック

換装直後は それほどでもなかったけど

今は感動です!

いろいろと苦労もしましたが。


01699b6b7b272aea24879b91ef43a6a5bf25a20254

前回の「【事業雑記】 CF-SX2をスペックアップ(その1 メモリ増設)」の続きです。

 

メモリを増設したけど、それほど早くなったことを感じません。
そこで、CF-SX2に標準的に搭載されていた HTS541075A9E680 (750GB/5400rpm) を、FireCuda という SeagateのSSHDに換装。
(Seagate ST2000LX001 2TB/5400rpm)


換装方法は、ノート100YEN.com の 「Let’ Note CF-SX2のHDDをSSDに換装する手順」を参考にした。

ハードディスクのクローンについては次回「【事業雑記】 CF-SX2をスペックアップ(その3 しくじりディスククローン)」にて

 

まずは換装前のHTS541075A9E680 のベンチマークは次の通り


CDM_170923

ST2000LX001 に 換装直後の状況は次の通り


CDM_170927b

これだけを比較すると、換装したのに性能が上がっていないというか、下がっているように見える

しかし、換装して1週間経った結果が次の通り


CDM_171007

明らかに性能が上がっている。

実際の体感はベンチマークより明らかだ。
起動が速くなったのはもちろん
Excelなどの立ち上げが、断然速くなった。
重たいグラフィック系ソフトも起動が速くなった。

GITもコミットに関しては速くなった。
プル/プッシュに関してはむしろNASの性能を上げなければだめだろう。

ATOKなどのIMEも速くなってほしかったが、昨今のIMEはクラウド連動なのでネットが速くなければ変化はないようだ。

 

総論としては、この換装は大変満足している。
仕事のメインマシンなので 今の速さと容量は十分満足できる。

実際、新しい Let's Note CF-SZ6 に買い換えたとしても どれだけ満足できただろう
それよりもこれだけのスペックアップできたことは満足である。



(08:47)

2017年09月30日

mixiチェック

2013年10月に購入した Panasonic Let's Note 「CF-SX2」のスペックアップ。
第一弾は メモリ増設。
秋葉原まで行き、メモリとSSHDを購入。


2017-09-23-19-35-46 2017-09-23-19-24-25

これまでは CF-S10 (Windows 7) を使っていた。
しかし そろそろ限界なのだろう。USBハブを誤認識するようになった。

CF-SX2 は 4年前に購入して、 CF-S10 と交代させるつもりだったのだが、 Windows 7から Windows 10 にしたら、遅くて使い物にならなくて...ずっと眠っていた。
このまま眠らせておくのはもったいない。
なので 再活躍してもらうことにした。

   

ただ そのままでは あまりに非力。
最近 360度ビデオが楽しくて、ビデオ編集ソフト「CyberLink PowerDerector」を導入した。
しかし ビデオ編集したくても モタモタ。
1,2分のビデオでも大変。
明らかにスペック不足である。

   

幸い、CF-SX2 の Windows 10 は 64bit でインストールしてあったので、 4GB から 8GB にメモリ増設できる。
(やろうと思えば、もっとできるが メーンマシンとなるので無難に)

   

増設方法は ノート100YEN.com の 「Let’s Note CF-SX2のメモリを増設して8GBにする」 を参考にさせてもらったので、そちらを見て下さい。

   

私は店員さんと おしゃべりしながら 購入したかったので アマゾン を使わず、今回は 秋葉原の TSUKUMO パソコン館 で 購入した。
アマゾンは 安くて手間がないが、ネットだけでは メーカーや製品間の違いが分からないので、店頭購入にした。
購入したのは
Crucial 4GB DDR3L-1600 SODIMM
DDR3Lを選ばなければ、もっと安いメモリを載せられたけど、CF-SX2は低電圧版OKだし、少しクロックアップしても問題ない。
しかも メーカー保証を考えると Crucial はいいよ という意見に従った。
それでも500円も差がなかったので 良い買い物だったと思う。


2017-09-23-20-37-31

増設は至極簡単であった。


cpu-z_mem_170923bcpu-z_mem2_170923

確かに メモリ は 8GB になっている。
しかし スペックアップした実感がない。確かにビデオ編集ソフトのモタツキは減ったように思うが...
パフォーマンスを確かめて見るが、なぜか 4GBぐらいまでしか使われない。


tm_mem_170927

それでも スペックアップ したことを信じて、 HDD から SSHD へ。
次回は SSHD への 換装 に試みる。



(21:00)

2017年07月21日

mixiチェック
クリップ雲台と自由雲台を組み合わせてみた。
ゴリラポッドもいいけど、薄いもの、平たいものだと固定が出来ない。
狭い店内の撮影にはいいかも。



(10:04)

2017年04月11日

mixiチェック
はじめは興味本位でした。
しかしYOUTUBEで見ているうちに欲しくなり、3月の長野に持って行きたくなってしまったのです。
それに4月の花見にも。
なので3月に入ったところで 導入を代表に打診して導入決定。「でも分割でね」
 
リコーの Theta SC です。
エクステンションアダプター TE-1 も同時購入。
上位機種の「Theta S」との価格差は1万円ぐらいなので 上位機種を選んでもよかったのだが…
 
違いは次の3点ぐらい。
  • 「HDMI出力の有無」
  • 「動画撮影時間の長さ」(Sが25分 vs SCは5分)
  • 「ライブストリーミングへの対応」(SCは対応しない)
あとあと一部あればなとは思うが、割り切れば「SC」で充分。
むしろ 無い部分を開発するのも一興かと。
「SC」でも「5分動画」はできる。「インターバル撮影」はできる。ほぼ「S」と同様のことはできます。
エクステンションアダプターを同時購入した理由は、その「インターバル撮影」のためです。
手持ちのゴリラポッドを繋いでみました。
ミラーレスがのる大きいのもあるけど、この小さなゴリラポッドが後々大活躍します。
ただ小さいので落としやすそう。不安です。
本体には「ストライプ穴が無い」
もちろん ストライプ用アクセサリーは売られています。
しかし 直販ストアで エクステンションアダプターが 1900円(これも高価かも)なのに対して、ストライプ用アタッチメントだけで 1522円。しかも エクステンションアダプターと共に使うのは難しそうです。
それでこうしたら、結構いい感じです。
どうなっているかって…続きは…
続きを読む

(10:35)

2017年01月23日

mixiチェック
仕事の為にいくつかマイクを持っている。
と言っても撮影用ではない。
主に会議や打ち合わせの録音用。
今迄、iPhoneをレコーダーにして 4極ピンのコンデンサマイクを使っていたのだが、だいたいiPhone自体持ち歩かない。
その上、iPhone5の電池が膨れて危険な状態で使えるのがiPhone4だけ
なお 今や iPhone5もiPhone4も電話機としての機能していない。iPodとほぼ同じである。

最近はiPad miniと2in1のWin10 ノートPCを打ち合わせに持って行っている。
またSkypeでの打ち合わせはなるべくWin10 ノートPCで行なっている。
そうなるPCで使える会議用マイクが欲しくなった。
そこでサンワサプライのフラットマイクを購入。
会議用のマイクって 結構高い。全指向マイクでも1万円近く、本格会議用マイクシステムは2,3万円はする。
さすがにそこまでは求めていないので、今回は2千円弱のものにした。
試しにノートPCにつないで録音してみる。
まずノートPCに搭載されているマイクで録音。設定なのかかなり大きく録音できるが 後ろのテレビ音も拾っている。
今回買ったフラットマイクで録音。少し小さいがちゃんと拾っている。落ち着いた感じはこちらの方がいいかも。

マイクと同時にbluetoothスピーカーとbluetoothレシーバーも購入。
エレコムbluetoothスピーカー。小さぃ!
なので音も小さいかな 2Wしか出力ないから と思ったが、結構ちゃんと聴こえるかも。
もう生産中止なんだけどね。
実はスピーカーも欲しかったのだが、通話用のプロファイルも積んでいるので 録音用のマイクになるかなとも思ったが、淡い期待だった。

3年前に 知人からBoseの卓上スピーカー(アンプ内蔵)を譲れ受けていた。
使いたいとは思っていたが、机の上のケーブルがゴチャゴチャしていて これ以上グチャグチャにしたくはなかった。
そこで昨年末から 100均のスノコとドロアボックスで 机の上の台を作り その下にケーブル類をまとめる計画を立てた。
その際にBoseのスピーカーも置くことを検討。
でいい感じに置けたのだが、音源をどうするか。
iPad miniやスマホにつなぐのは良いのだが、接続させるとまたケーブルが表を這う。
それを避けたくてプリンストンのbluetoothレシーバーを購入。
これも小さぃ!
しかも光デジタルに対応している…が今回はいらない。
マルチペアリング対応なので iPad miniにスマホにPCをペアリング。Macもペアリングしたかったが なぜか検索できず。
まぁほとんどラジカセがわりのradikoかYoutubeが音源なんだけどね。
それでも仕事の効率化になるかな。



(00:28)

2017年01月01日

mixiチェック
あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。

年賀状2017



(00:00)

2016年11月02日

mixiチェック
先日 「スタートレック:ビヨンド」を見てきた。

スタートレックだぁ〜!!!

実はJJエイブラハムのスタートレックはあまり期待していなかった。
なんかそれまでのスタートレックの世界観と違うというか、らしくないというか。
印象に残らないというか。

だから「スタートレック:ビヨンド」も期待していなかった。
それに今回のスタートレックの予告がほとんどなく、あっても「スピードを体感せよ」とかなんかスタートレックの世界観から離れる予告編になっていた。

でも、実際に見て 違うとわかった。
完全に予告編が間違っている。

JJTrekの中で、最も面白く、最もスタートレックだと感じた。
ジャスティン・リン監督 Good Job!
配給会社は「ワイルドスピード」に引っ張られすぎ!
監督はスタートレックをしっかり作っているのに。

スタートレックの世界観が戻ってきた気がした。
これまではクリス ペインのカーク船長 なんかシックリこないなぁと思っていたが、同じ役者なのに カークだと思えた。
いきなりエンタープライズが壊されて あれぇ?と思ったが、あれはあれでありだな。
ビヨンドだよ。

途中 「攻殻機動隊」や「マクロス」みたいなところがあって…面白かった。
「これは"クラシック"か?」というシーン。笑えた。
それでいて ちゃんとスタートレックになっている。

最後の展開、すきだぁ!
面白かったぁ!

そしてビヨンド。確かに超えたね。
でもやっぱり プロモーションが悪い。
面白いのに。
スタートレックが始まる前の予告に「ローグワン」が流れた時には「なんの皮肉?」と思ったよ。



(12:00)

2016年10月24日

mixiチェック
iPad miniを2から4へと替えてから早1年。
あすまる としては 利益をうまく生み出せない中、仕事上の必需品とはいえ 結構な投資をせざるおえなかった。
iPad mini本体は資産として残るからいいが、通信費がかかりすぎる。
そこで キャリアをauからUQモバイルに変更した。



実は個人所有のソフトバンクのiPhoneもfreetelのスマホに替えた。


ソフトバンクは2年を越えたところで 通信料がは何倍にもなり ほぼ待ち受けしかしていないのに 1万円以上かかっていた。
そこで「ニクキュ」と宣伝しているfreetelの一番安いコースに変更した。
ソフトバンクで1万越えの通信費が 299円になったことで家計はだいぶ助かった。
iPhoneは白ロム化して、仕事の検証用として使えるので とてもいい選択だった。

そこでiPad miniもそうしたかったのだが、仕事上はiPad miniであったほうがいい。
できれば 仕事に最適化しているので 本体はそのままで行きたい。
現状 auのiPad料金コースはほぼ1種類しかない


毎月 5千円も通信料だけでかかっている。本体の分割が3千円ぐらいなので ほぼ通信料。
経費を削減したい。
探して見ると、UQ SIMならiPadの移行ok
テザリングはできないが、通信料もいきなり 980円になる。
本体の残分 4万円を払っても、解約手数料 1万円を払っても 数ヶ月で元が取れる。


今までのauのデータ容量は7GB(だったんだ)。UQモバイルは3GB(追加できる)。
そこで1ヶ月 通信度合いを測ってみた。


そうしたら wifi では何GBも使っているが、モバイルでの通信量は1GBにも満たない。
ならば通常で3GBで充分。もうSIMを替え キャリアを変えるしかない。

昨日 ビックカメラへキャリア変更に行く。
UQモバイルの手続きは 30分もかからず SIM交換のためにau側のSIMロック解除の手続きをする。
SIMロックの解除が出来ない!
ガラホとセットにして 請求を一本化するために、au IDを統一しているはず。
SIMロック解除の判定のページで、iPadのMEIDを入れて判定すると「OK」
なのに ロック解除のページでは ガラホと往年の機器しか出て来ない。
au IDをiPadの番号に変えるがパスワードを解除しても受け付けない。
約1時間以上 男3人で格闘するが拉致があかない。

とうとうauショップに行くことになる。
そこで待たされること 1時間以上。トイレに行きたいというと「近くのコンビニでしてきてください」だって
結局 au IDのパスワードの更新をすることで ロック解除できた。
しかし、セキュリティとはいえ 二つのパスワードの違い わかりやすくしろよ。
というか au IDの統一、ショップでしたはず。できていないのはなぜ?

auショップで2時間。ビックカメラに戻って SIMを用意してもらって30分。
予想はしていたが、SIMを替えるだけで ここまで5時間。

UQモバイルの調子はすこぶる良い。
使用量も見れるしね。
しかし これで終わりではない。
再度 auショップへ行き 解約手続きがある。
客がいないのに 待たされること 30分以上。
解約手続きとわかっているせいか、定員が出て来ない。
出てきたと思ったら、カウンターではなく 待合場所で対応。
至極 おざなりな対応。
「解約手数料かかりますよ」と言い 分割残価を言ってきて いきなり解約手続き。
5分もかからない。
「で今月の請求はいくら来るの?」と尋ねると「わかりません。もう解約完了しているので、サービスセンターに電話してください」何だそれ!
最後までサービスしてよ。

まだ仕事用のガラホがあるから auとさよならはできないが、対応が悪いのは良くない。
と人のふり見て我が身を正さねば と思った1日だった。
続きを読む

(12:27)

2016年04月04日

mixiチェック
半年ぶりの更新になる。いろいろありまして(^_^;)

仕事で打合せに使っているWindows10 ノート(レッツノート CF-AX3) の
MS-IMEがとにかく使いにくい。
元々Windows 8だったが、アップデートして WIndows 10 にしたのだが、
MS-IMEは相変わらずバカ!!
それ以前に 半角英数入力ができないのが、システム屋としては使いにくくてしょうがない。

昔から ATOK を日本語入力には使っていた。
Windowsはもちろん、Mac でも Android でも (iosにも入れたけど現在は標準仕様にしている)。
Windows版は ATOK2012、Mac版は ATOK2013 (Androidは...)

で...毎年最新版が出るATOK。
余裕があるときは 毎年でも買えるのだが...
それに手元のWin-PCは 3台 ... 待てよ 実家に 1台ある。
ATOKの製品版は 3台まで あっ 溢れる。
どっちにしても3,4年前のATOK。最近 変換がとにかく遅い。
どうしよう...

で、ATOKのサイトを見ていたら「ATOK Passport」なるものが。
費用をみると ベーシック で 月々 300円弱。
税込でも 年間 3,700円強 ... あれ? 製品版を購入するより コスパが良さそうだ。
しかも WInでも Macでも Androidでも 10台まで 1ライセンスでもいける。
最新のプログラムが使える。
余裕ができれば 300円上乗せして プレミアムに 変えたり 戻したりができる。
これいいよ。
ということで、「ATOK Passport」の導入決定。

ATOK Passport」の細かいところは、ATOKのサイトを見て下さい。
ATOK Syncも使えるから、ウチの日本語入力はほぼほぼ 統一化できた。

最初は 月々払いで ソフトウエアを買うのはどうかなぁと考えていた。
しかし、前回の「【事業雑記】トレンドマイクロ OKAERI を導入した」で、月々払いに変えてみて 毎年バージョンアップする必要があるものは それでもいい と思えてきた。
そういう意味では、基本アプリケーションである 日本語入力 もこの方がいいと思えるのだ。

地名、駅名、企業名、そして 製品や流行語 等々。
アプリケーションの性能もそうだが、辞書そのものが最新でなければ使いにくい。
現在、この記事を ATOK2016状態で使っているが、スマートに変換してくれるので 打ちやすい。

使いやすいよ。
ATOK使いなら 買いだね。

image



(22:01)