2016年04月04日

mixiチェック
半年ぶりの更新になる。いろいろありまして(^_^;)

仕事で打合せに使っているWindows10 ノート(レッツノート CF-AX3) の
MS-IMEがとにかく使いにくい。
元々Windows 8だったが、アップデートして WIndows 10 にしたのだが、
MS-IMEは相変わらずバカ!!
それ以前に 半角英数入力ができないのが、システム屋としては使いにくくてしょうがない。

昔から ATOK を日本語入力には使っていた。
Windowsはもちろん、Mac でも Android でも (iosにも入れたけど現在は標準仕様にしている)。
Windows版は ATOK2012、Mac版は ATOK2013 (Androidは...)

で...毎年最新版が出るATOK。
余裕があるときは 毎年でも買えるのだが...
それに手元のWin-PCは 3台 ... 待てよ 実家に 1台ある。
ATOKの製品版は 3台まで あっ 溢れる。
どっちにしても3,4年前のATOK。最近 変換がとにかく遅い。
どうしよう...

で、ATOKのサイトを見ていたら「ATOK Passport」なるものが。
費用をみると ベーシック で 月々 300円弱。
税込でも 年間 3,700円強 ... あれ? 製品版を購入するより コスパが良さそうだ。
しかも WInでも Macでも Androidでも 10台まで 1ライセンスでもいける。
最新のプログラムが使える。
余裕ができれば 300円上乗せして プレミアムに 変えたり 戻したりができる。
これいいよ。
ということで、「ATOK Passport」の導入決定。

ATOK Passport」の細かいところは、ATOKのサイトを見て下さい。
ATOK Syncも使えるから、ウチの日本語入力はほぼほぼ 統一化できた。

最初は 月々払いで ソフトウエアを買うのはどうかなぁと考えていた。
しかし、前回の「【事業雑記】トレンドマイクロ OKAERI を導入した」で、月々払いに変えてみて 毎年バージョンアップする必要があるものは それでもいい と思えてきた。
そういう意味では、基本アプリケーションである 日本語入力 もこの方がいいと思えるのだ。

地名、駅名、企業名、そして 製品や流行語 等々。
アプリケーションの性能もそうだが、辞書そのものが最新でなければ使いにくい。
現在、この記事を ATOK2016状態で使っているが、スマートに変換してくれるので 打ちやすい。

使いやすいよ。
ATOK使いなら 買いだね。

image



(22:01)

2015年10月28日

mixiチェック
あすまる では 今まで トレンドマイクロの「ウィルスバスター」を2セット、「ウィルスバスター モバイル」を2セット導入していた。
会社の決算に合わせて 10月末更新で契約していたのだが、あすまるのPCが3台 BeLiveのPCが1台、Macが1台、iPhoneが4sを含め2台、旧型だがiPadが2台、壊れたNexus5が1台、そして先日機種変更したガラホが1台。
ここまでくると「ウィルスバスター」が3台までOKだから 2セットで6台管理できてもチョットギリギリ。
今後 第4世代Apple TVやスティックPC、Android スティックなどの導入を考えると確実に管理スペックオーバー。割引があっても管理、コストともに問題あり。

どちらにしても更新時期なのでトレンドマイクロのホームページを見ていたら 「OKAERI」という言葉が…なんだ?
image

どうやら「ウィルスバスター」+「ジュエリーボックス」(トレンドマイクロのデジタルフォトアルバム?)らしい。
しかも「ウィルスバスター」+「パスワードマネージャー」+「システムチューナー」をPC/Mac/iOS/Android問わず 無制限に管理できるらしい。
しかも支払いは毎月のクレジット払いになるが「ウィルスバスター」のライセンスの残分を充当できるらしいので、すでに払ってしまっている「ウィルスバスター」が無駄にならない。
これは導入するしかない。
image


機能を並べると以下のようだ

  1. ウイルス/スパイウェア対策

  2. ネットワーク対策策

  3. 個人情報保護策

  4. ペアレンタルコントロール策

  5. スパム対策策

  6. パスワードセキュリティ策

  7. パスワード管理機能策

  8. 盗難/紛失対策策

  9. 写真バックアップ策

  10. デバイス最適化策

  11. レポート策



これだけ多機能が 税込 1,058円/月
「ウィルスバスター 1年」が税込 5,380円、 「ウィルスバスター モバイル」が税込 3,065円。
とすると ウチの場合、税込 24,861円になる。
とすると… コストダウンできる!続きを読む

(08:00)

2015年10月16日

mixiチェック
image

9月末でランパスが切り替わった。
前回 ランパスを使った店は下記の通り。

・青蓮 東銀座店 x2
・レストラン ピラミッド
・スリスティ 明石町本店
・SARAY 銀座店
・回転寿司酒場 銀座沼津港
・中華料理 華宴 銀座店
・海鮮どんぶり 銀八丼 銀座店
・お結びcafe銀座
・台湾点心屋台 巧匠
・カキ小屋 築地食堂 x2
・鯨の登美粋
・築地中華食堂 五番
・築地とと兵衛 x2
・まる富
・牛もつ煮込み 一枠
・鶏由宇
・三久 x2
・居酒屋 新富町 ほそ川
・上藤 x2
・定食亭 x2
・AMA 新富町店
・無国籍居酒屋 カレー名人
・そば処 八丁庵
・香港苑 八丁堀店 x2
・Itarianbar Forza! x20!
・湊上むら x2
・むら山

90店中、27店 に行くことができた。

10月から新しいランパスが始まった。
銀座・築地版には新たに京橋・八丁堀エリアも加わった。
楽しみだ。



(08:50)

2015年07月24日

mixiチェック
ご近所のイタリアンレストランがランチパスポートに掲載されたので、「ランチパスポート」(面倒なので 略して「ランパス」)を7月初めに購入。
ランパスは以前、新橋・虎ノ門版を買ったことがあるが ほぼ使えなかったので、記念に程度で買った。
しかし 自分の生活圏でつかってみると「いいね」というところが。
安く食べられることもあるが、それ以外のナルホドねというところもある。
そこでランパスを使ってみてのランチについて考えてみる。

image



今回購入したランパスは、「銀座・築地版」
銀座、築地、新富町、八丁堀の一部、そして湊が入っている。
プレミアムは1000円だが、その他は大体ワンコインの500円で掲載されている。
ランパス


ワンコインで食べれることは確かに嬉しい。
この本はよく見ると嬉しい点が他にもあった。

まず マップ。
image

当たり前なのだが、結構使いやすい。

それ以上に嬉しいのが、どの店が何曜日にやっているかの一覧。
image

実はこんな東京のど真ん中で生活しているが、昼夜人口格差の大きい地域なので、土・日・祝日に営業している店を見つけるのは難しい。
しかも昼どきに営業しているところが、いくらぐらいで食べられるのかといったところがわかりにくい。
食べログなどにも、営業曜日は出ているし 日曜営業で検索できそうなものだが、ほとんど使えない。
それが一覧で載っている。

「今度の日曜はどこで食べるかな」
そんな楽しみにもなる。

そんな感じで ランパスを使い始めてまだひと月も経たないが、既に10件。
1冊 990円(税込)なので 元は取れたかも。
3ヶ月使えるし、3回までOKなので 気に入ったところはまだ使える。
なかには 千円以上で提供されているものが、ワンコイン+税で食べられたりする。

あと銀座なのでテレビ撮影に出くわすことも…

さて店の紹介はしないが、これまでのランパスコレクションをどうぞ。(順不同)

・香港苑 八丁堀店


香港苑 八丁堀店

・鯨の登美粋


鯨の登美粋

・SARAY 銀座店


SARAY 銀座店

SARAY 銀座店

・上藤


上藤

・むら山


むら山

・鶏由宇


鶏由宇

・築地たべチャイナ たべんばる


たべんばる

・定食亭


定食亭

・回転寿司酒場 銀座沼津港


銀座沼津港


続きを読む

(10:09)

2015年01月17日

mixiチェック
明けましておめでとうございます。
と既に松も明けてしまった今頃ですが今年もよろしくお願い致します。

今年も葛西臨海公園まで初日の出を拝みに行きました。
あいにく今年は日の出時刻の初日は無理でしたが、寒い中ネバった結果拝むことができました。
つまり今年は根性でネバれという暗示なのでしょう。
Never Give up!
P1010124

自宅からもタイムラプスで撮影。


昨年ほど晴れやかになりませんでしたが、初日が見れたのだから今年もキッといい年です。

そうそう、鍋の話です。
1月2日に新年会をやりました。
今年は、故郷 名古屋の「ひきづり」をやってみたくて、鶏スキにしました。
醤油ベースでは無く、味噌...八丁味噌ベースです。
西のすき焼きは基本 割下は使いません。
が、今年は「あごだし」と「キッコーナ)便利みそ」(よく売っているのは「ナカモ)つけてみそかけてみそ」)を使って見ました。
でらウマ!
醤油ベースのすき焼きなんて目じゃない。上手すぎる。
その後もちょくちょく一人分を作って食べてます。
鶏や野菜も上手いのですが、〆の焼きうどんも でらウマ!
野菜は切るだけ、簡単で上手い。
一回やってみてちょー



(12:33)

2014年11月21日

mixiチェック
そうだ!旅に出よう。

2014-11-21-18-00-46


10年使ってきたダンロップの3wayのカバンがだいぶくたびれてきているので、新しいカバンを買うことにした。
2014-11-21-18-09-10

そこでビックカメラに探しに行って見つけたのが「アジア・ラゲージ WATERZERO3600
モノマガジンに載っていたそうだ。
本当は「NEOPRO 1-592」にしようか迷ったが値段でWTZ3600に決めた。


最近 コロコロ...キャリーバッグをビジネスに使う奴が多い。
資料が多ければ仕方がないが、キャリーバッグは好きじゃない。
今日も3千円のキャリーバッグも考えたが、使う場面が考えられない。

その点、3WAYは背負うこともできる。
手持ちも大抵2方向で持てる。
荷物がなければ手持ち、少々ならば肩掛け、多ければ背負い。

都内に引っ越してくる前は、モバイルオフィスとしてPCやら資料やらたくさんつめて移動するにはちょうどいい。
都内で生活するようになると...というかiPad miniでプレゼンができてしまうようになったので大きなバッグは要らなくなった。
それでも地方に出るときはPCを始め一式が必要なことがある。
特にUSB-Linuxをその場で用意しなければならないときには。

WTZ3600に話を戻すと、このバッグはマチが広がる。
実は1-592もマチが広がる。他のメーカーも最近はマチが広がるらしい。
2014-11-21-18-03-28
旅行をするのに仰々しいキャリーバッグは要らない。
だいたい男の旅行にそんなに荷物は要らない。
でもこれだけ広ければ、旅行カバンとしても上等だろう。

この連休、旅に出ます。
1泊2日の旅。
久々の旅行...でも営業も兼ねているかも。
そのぐらいの旅には、良いカバンかも。
続きを読む

(20:44)

2014年10月23日

mixiチェック

弊社のmac miniをYosemiteにバージョンアップしてみた。
WS000103
すると困ったことがおきた。

 

macにはウイルスバスター for macをインストールしている。
WS000107
直前にもウイルスバスターを最新にしていた(つもりだった)。
Yosemiteにバージョンアップして再起動した途端...ウイルスバスターからメッセージ。

WS000105
「保護機能が無効です」
更新はできる。しかしウイルスバスターは起動できない。
困ったので、無防備状態は危険と考え2・3日シャットダウンしたままにしていた。

 

トレンドマイクロのホームページを探すが、そういった不具合は書かれていなかった。
もちろんYosemiteとの相性についても。
サポートメールもなし。
まさかと思い、最新のダウンロードを探すと10月16日付けのダウンロードがあった。
でもこのダウンロード 凄くわかりにくいところにある。
Securing Your Journey to the Cloud-20141022214005
このバージョンをインストールしたら、ウイルスバスター for macが起動した。
しかしメッセージを出すなら「保護機能が無効です」では不親切である。
せめてトレンドマイクロのホームページに促すべきである。
それにサポートページをいくら探してもアップデートのことが書かれていない。
今回は「最新版をダウンロード」に気付けたが、ユーザーに対して不親切である。
Windows版ではまずおきない。macでもMountain LionからMavericksにmac osをバージョンアップした時にはおきなかった。今回は...
それほど大がかりに構造が変わったのだろうか?

続きを読む

(00:12)

2014年10月18日

mixiチェック
2014-10-02-12-35-16

LAN Diskの機能強化パーツが届いたので、装着及び周辺音測定を再度行ってみた。
アイオーデータ「品質にこだわり信頼性が向上!LAN DISKが機能UP!」

2014-10-17-20-25-05

最初の状態。脚はプラスチック製。ネジを緩める(外さなくていい)。
2014-10-17-20-29-26

少し動く方向があるので、ズラす感じで外す。
2014-10-17-20-32-32

脚だけ差し替える。突起に大小があるので本体の穴に合わせる。
付属のネジで留める。
2014-10-17-20-35-12

ゴム足を脚穴に合わせて入れて完了。

ゴム足は少し柔らかめ。
平らな面に置いてみると結構しっかりホールドする。
設置完了後、起動してみる。

体感的には振動をしっかり吸収しているみたいで、ハードディスクの振動は抑えられているようだ。
カリカリ音もほとんど聴こえない。
ファンの音の方がうるさい。
それでも同じ部屋で仕事をしていても気になる程ではない。

続きを読む

(19:33)

2014年09月08日

mixiチェック
HDLトップページ
これまで「【事業雑記】HDL-XRW/TM5(到着編)」「【事業雑記】HDL-XRW/TM5(周辺音編)」と続けてきました。 今回はその設定編です。

まず設定を行う上で私の失敗談から注意点をお伝えしましょう。
※IPアドレス固定は初期設定を行ったあとでする。
私は失敗しました。NASのIPを固定するつもりだったので最初にMagicFinderでIPアドレスを設定してしまったのです。 HDL-XRシリーズは、IPアドレスを固定してしまうとデフォルトゲートウエイやDNSサーバーアドレスも固定されます。デフォルトゲートウエイはMagicFinderで設定できますが、DNSサーバーアドレスはWEB管理画面でしか設定できません。またIPv4だけ設定してもIPv6が無効でも上手くインターネットに出れません。
MagicFinder
なぜそれが問題かというと、WEB管理画面で設定を開始すると必ず「Narsusを設定しますか?」から始まります。 ところがIPアドレス設定が不完全だとインターネットに繋がらずNarsusサーバーに接続できません。 ファームウエアのバージョンが1.56ではNarsus設定をスキップすることができたので、その他の設定ができたのですが、すぐにファームウエアを1.57にバージョンアップしたところ、Narsus設定が必須になり他の設定が全くできなくなりました。 1日悩んだ結果、一旦DHCPクライアントにしてIPアドレスを自動取得し、Narsusを設定。 一度Narsusを有効にするとその他の設定に簡単に行くことができるようになりました。 そのあと、IPv6をDHCPクライアントとして有効にし、IPv4をIPアドレス固定、デフォルトゲートウエイやDNSサーバーアドレスも手動設定しかできないので、入力して適用したところ問題無くインターネットにアクセスすることができました。 このWEB管理画面、Javascriptで入力を制限しているところが多いのですが、アラートを出すのでなく、いきなり入力不可になっているところが多いです。デフォルトゲートウエイやDNSサーバーアドレスの自動取得もDHCPクライアントで無いとできないなど制約が多すぎるのも問題かと思います。   デフォルトゲートウエイやDNSサーバーアドレスで躓きましたが他はすんなりいきました。
HDL容量
NASのディスクボリューム設定はデフォルトでRAID6になっています。 一応、情報処理技術者 テクニカルエンジニア(システム管理) - 現:ITサービスマネージャ - を持っている私としてはRAIDコントロールについては理解していますし、トラブル時の対処方法も理解しているつもりです。 ただRAID6はどうも取っつきにくい。フォールトトレラント設計を試みるなら最悪2HDDの同時故障は考えるべきでしょう。 しかし弊社のようなSOHOならばRAID5とホットスペアで充分だと考えました。RAID5構築には約8時間。 RAIDの構築はやっぱり時間がかかります。やるときは1日以上の余裕を。 NASが突然使えないようになるのは困ります。だからRAID5は必要。その際なんとか稼働している間にHDDを差し替えられればそれでOK。ホットスペアならよりOK。 よくシステム設計を行う際、RAID01を推す方がいますが、私はRAID5を推します。 RAID1は復旧が結構面倒ですから。 またアイオーデータの現行のNASはRAID01は無く、トリプルミラーのRAID1かRAID5/RAID6しかありません。   HDL-XRWにはパッケージを追加できるようになっています。
HDLパッケージ
ウイルスバスターもこのパッケージの追加で行うようですが、初期設定時から有効になっていました。 ウイルスバスターの設定については別の機会に書きたいと思います。 パッケージにはウイルスバスターの他には「Working Folder 連携機能」がありましたが、これはゼロックスのたぶん複写機を持っていなければ必要ないでしょう。 できればパッケージとしてWebDAV機能やSubversion機能(またはGit)があるといいなあと思います。 特にSubversion機能はドキュメントやシステム開発履歴を管理に有効ですから。 実際LAMPで実装するのは結構めんどくさい。これは挑戦者シリーズになっちゃうのかな。 その他ユーザー管理や共有管理、Dropbox連携など設定したのですが、結構長文となってしまったので今回はココまでとしたいと思います。

(18:26)

2014年09月03日

mixiチェック
先日の「【事業雑記】HDL-XRW/TM5(到着編)」の続き。
2014-09-03-19-39-22

まずは設置をすべく電源とネットワークの確保。
電源は整理をしてなんとか確保。ネットワークにおいてはLANポートはあるのだが適当なLANケーブルが無い。付属のケーブルでは短過ぎる。
ラックでもそうだが、1mでは隣接していない限り足りない。
とりあえずノートPC用の予備ケーブルで対処。
従来のHDL-GT1.0に重ねて仮設置した。
今回は周辺音を簡易測定し、住宅内での常時稼働に耐えうるか確認した。

周辺騒音の少ない19時台で測定してみた。
正確な騒音測定機器は無いので、iPhone5でCATEATER,LLC.の「騒音計-サウンドメーター」を利用した。マイクはiPhone5の内蔵マイクを使用した。

まずはGTもXRWも停止させた状態で測定。
2014-09-03-19-53-53

平均37〜38db ほぼ静かな部屋と云える。

HDL-GT1.0を稼働させ安定したところで測定。
2014-09-03-19-58-03

平均45dbほどだった。
防振パッドを敷いているので、それほどうるさくは無いが10db近く上昇している。

HDL-XRWを稼働させ安定したところで測定。
2014-09-03-19-52-45

平均42dbほどだった。
まだRAIDなども組んでいない状態ではあるが、やはりGTより静かだ。
強化パーツをつけてはいない。

GTとXRWの両方を稼働させ安定したところで測定。
2014-09-03-19-51-15

平均46db。
GTのみで動かした時とほぼ変わらなかった。

10年の差があるとはいえ、結構静かになったようだ。
未設定状態だが、起動/シャットダウンのどちらも速い。
まずは期待出来そうだ。(^ ^)

(21:18)